美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

包装

2017-03-07 18:18:32 | 沖縄情報




元知事の会見はしどろもどろでこれが日本を代表する政治家かと思われる
受け答えでした。
嘘が嘘を読んで、最終的には自分で鎖を巻きつけてしまいましたが
嘘の連鎖は留まるところを知りません。

社会でも嘘をつく人は多いですが
この人たちは嘘を聞いてくれる人を探す事で人生がおわってしまいそう。
何て哀れな人生。
今は嘘を聞かない!これを選択しない!と言う時代ですから
根っこからの正直さが求められる時代。


さて、今日は午前中の天気とは打って変わって昼過ぎから大雨になりました。
一雨ごとに春に近づいていきます。

雨が降ると人工的なアスファルトの歩道横の樹木の周りは一種にして森や湖が登場するかの
様な錯覚に陥ってしまいました。
樹木って最初の地球に生まれた記憶があると思うので
もともとの場所の環境を周囲に生み出すのかもしれません。
樹木の周りに春草が多い茂っていますが、その周りを足で踏むと
踏まれたその反映で周囲の空気が変わるのを感じます。

私と一緒に空気が動くような感覚で、春草を撫でる冷たい春風が吹き樹木の創造する不可視の世界を
感じる不思議。
これは包装されていない自然。

ここの所、海の向こうへ搬送する陶器を箱に詰めているのですが
飛行機で長時間飛んでいく陶器を包み込むように何重にも包装を重ねています。
割れないで飛んで行ってくれると良いんだけど。
イベントの成功を祈って包装しています。
これを考えると一つの器を三重に包んだり、薄いものは4重とか包装も頭を使います。
これは包装しないと壊れてしまう自然の土で作った焼物。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古代認識方法 | トップ | お化け »

コメントを投稿

沖縄情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。