美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

セコイア

2017-05-17 21:49:31 | 沖縄情報



フランス南仏サンゴーダンズのセコイアの木の写真です。
何度か記事にアップしているセコイア。

幾つかセコイアに関してメールが来ていますが
このセコイアの木は日本で言えば神木として扱われると思いますが
これは小さなホテルの庭にある巨大なセコイア。
フランス人の話ではこの宿でしか見られないそうです。

ここは小さな村です、車で少し走るとバスクに入ります。
そしてサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路があります。

マクロビオティックの施設なのでヨーロッパ各地から多くの人がやってきて
私もここの研修に参加しました。
まあヨーロッパスタイルのマクロでシンプルな内容。
ただ、シンプルなせいか病気直しにピッタリです。
経営者のレネは亡くなりましたが、人を如何にしてもてなすかを知っていたフランス人男性でした。


ここから不思議な話。
このセコイアの木には過去記事にも書いた通り
老齢の私の精進料理の先生がここに滞在したとき、セコイアの木の精霊が現れ閉じ込められている女神を
出すように言われ
翌日、多くの人が参加する料理教室を終了した後にご神事を行いアンジェリーナと言う
女神を解放したと聞きます。
日本側のスタッフは総勢15名ほどであったようですが神事には7名が参加。

神事が終った夜に、アンジェリーナが部屋に現れ
感謝の言葉と如何にしてセコイアに閉じ込められたかを説明してくれたと言います。

サンゴーダンズは数百年ほど前に洪水にあったようで
この時のゴタゴタで女神が巨木に閉じ込められたと聞きました。
このセコイアは良く見てみればわかる様に
巨木で人間が数十名で手を繋いでやっと一周が出来るほどの巨木。

アンジェリーナが言うには
このセコイアは太古の生き残りで一度死んだが、蘇ったと先生は聞かされたようです。
ただ生き返ったのは枝?からだったと記憶して、親木は死んでしまったような話でしたが
これを覚えていません。
この巨木のあるすぐそばの山道を、ツールドフランスの選手たちが
猛スピードで自転車で駆け抜ける場所。

このセコイアをどういうわけか隠されている様に感じたのですが
先生の話では
セコイアが再生したとき村の人が隠したと言いますが、ただ誰から隠したのか?
これはわかりません。


先程、書いたようにフランスではこのセコイアはここだけにあり一本だけ残されています。
他にもあった形跡がありますが、山の水が流れ込んでいる施設の橋がセコイアの巨木の切られた後が
残されていて、現在生きているセコイアよりもっと巨大であったことが分かります。
この切り株の事をオーナーのレネに聞いたら
余りにも巨大で危険を感じて切り倒したそうです。

古い話で良く覚えていないのですが
アンジェリーナから、私の師匠先生に沖縄を大事にするようにと言うメッセージを受けて
沖縄に何度も私と出かけています。
セコイアと繋がる何かがあるらしいと聞きましたが
当時は余りにも滑稽な話として聞き流していしまい、内容を失念してしまっています。
沖宮?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スピード | トップ | コピーだけでは »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (パオ)
2017-05-18 01:39:43
churakagiさん
いつもありがとうございます。

セコイアはchurakagiさんにとって最も縁ある木でしょうか?

僕は最も縁ある木はイチョウで、今でもパスワード等の一部分にイチョウに関連するワードを用いています。
小学生から使っているので、長い付き合いです。

一番の親友が奄美大島出身なのですが、奄美にはソテツガナシというソテツの尊称があるようで、今一番ソテツが気になっています。
生きた化石同士のこの縁は、自分の人生に設定された操作と言えるのかもしれません。

最近イチョウが精子を作って泳がせている事を知って、人間など足元にも及ばない壮大な叡智を秘めた存在なんじゃないかと、たまに思う事があります。
樹の下で悟りを開く人が出るのも、何か頷ける気がします。
Unknown (churakagi)
2017-05-18 08:37:46
パオさん、コメントありがとうございます。

セコイアに対して特別な気持ちは
ありませんが、どういうわけか縁が強いです。
セコイアの精霊のメッセージを受けた精進料理の
先生は樹木に縁が強い方で
菩提樹の下で悟りを開いた釈迦の話を
してくれた時に
菩提樹と言うのはそれほど意味がなく
木の下と言う事に意味があると言う事を
言っていました。
何かを実践しながら宇宙と繋がる方の見方は
皆さん個性的である様な気がします
自ら考える事が出来るのですね。

木って人類には及ばない何らかの叡智を
持ち合わせているのは事実でしょうが
人間も古代はそうであった気がします。
お金と野心と引き換えにしてしまった気がします。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。