美らごはん(new version)

新宮古島と沖縄からの発信

電磁波

2016-10-15 08:52:50 | 沖縄情報






水の過剰摂取で体が冷え、体調を崩す人は多いですが
人間は本質的な物は霊ですが
霊の源は水です。
肉体的な基本も水。
鏡です。
どんな良いものでも過剰となると弊害が出るようです。

人間は本質的には霊ですから
古典書の多くに「霊の源は水」と書かれています。
聖書にも書かれていたと思います。

古い日本語では霊を「チ」と言っていたと言いますから、血液と霊はリンクします。

アジアの神霊治療家は治療に呪術を使いますが
体の病気直しの場合、きれいな水が必要だと言われています。
呪いの場合、血を使うようですが。

現代医療の場合、病気の7割以上が血液の汚染からくる「血の巡り」の悪さを指摘します。
霊的治療の場合、少し数値が上がって8割以上が霊障と言います。
霊障害のメカニズムは一般人であれば、血液の滞りが多いと感じています。

血液の滞りは染色体にも影響を与えます、電気的な物を通じて心身に影響すると思う。
電磁波ですね。
霊も電磁波的な物ですから。

やはり体の異常、霊的に異常な物は本能が教えてくれますから
これらも電磁波的な物との繋がりがあると思います。
健康の害も偏りから来ます。



体の不調の説明も
人間そのものの性格が表に出てきます。
なんでもオーバーに言う人は
体調の悪さを説明するのにもオーバーになり
極的な物でいえば、捏造までしますから優れた医師は人間性を良く見ると言います。

オーバーな表現をする人は現実がそうですから、人生そのものが捏造になりやすい。
良い人生とは反対の道を歩む様に見えますが
目先と言葉に気を取られて、これにさえ気が付かずこっそりと
電磁波に干渉され、霊触りが起きて来るのですね。
霊障というのは気が付かない様に、電磁波を使って干渉が始まります。
今の時代、気が付かない霊にこっそりと使われる事に注意が必要だと感じています。
バランスの良さが、最も必要な時代だと感じています。

宮古島の石庭の管理人さんから
忍び寄る電磁波の霊障害に対して注意を促された事があります。
深く電磁波が干渉すると
精神に異常が出てくるのだと聞きます。
言霊も影響すると言われ、嘘をある人は当然霊障害が重いとしても
これを周囲で見て見ぬふりの方が、実は霊干渉が強く表れると言います。
電気で繋がると言う事ですね。
ボルト数が結局同じですから、感電する力が強く表れるのかもしれません。
感電しているのですから
妙にザワザワする心を感じ取った時は、周囲を観察するのもいいかもしれません、
こういう霊には使われてはいけないですね。








霊的な教えは宗教、信仰、精神世界から多くの事を人類は学んできたようですが
霊的な教えというものは、多くが出揃った気がします。
表に出ていない物もある様ですが
個人的な直観として、宗教関係が持っているのではなくてNASAに全てが集約されている気がします。
この世界で霊的な物や操作はバチカンと思いがちですが
どうも違う気がします。
バチカンは宗教を操作はしましたが、古代は天体の研究も行っていたようです。
これらの集約が既に移動していると直観します。

既に、物理学と霊的のものの一体化で大きな何事かが裏で進んでいる気もしています。

アメリカが全世界から撤退し始めている事とこれらはリンクしており
裏と表で何事かで進んでいる気がします。
古代史を追うと、見えて来るものもありますが。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新座は武蔵国 | トップ | 追記しました。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。