美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

質問へ

2017-08-14 18:47:39 | 沖縄情報






宇宙って何ですか?と
聞かれることがありまあすが答えようがなくて困ってしまう事がありますが個人的に思う事。


完全無欠で完全フィードバックシステム機能で働いている気がします。

完全無欠純粋な原理で作用する干渉と非干渉のパターンだけが存在する。

永遠に再生するシステム。

分離して考察された如何なる原理の行動によっても
予測が出来ないパターンもあり、常に全体的な流動運動が行われている。
分離のシステムはアメーバーの様にまた分離する。

目の前の出来事は潜在的で相対的な振動数で発露する。

また自らの心に冷静さが必要で自己陶酔があるとこれを淘汰するシステムが
自動的に作動する。




不可視の重要な流れは社会情勢から読み取れてもパターンは読めない。
と言う事でパターンの終着が読めない。
仕掛けてくるのは常に人間側でありこれにのせられて文化が創造された。

直観は直観のままとらえる。
直観の後に現実で低い物語を作り当てはめると
固定化されここでカルマの物語がアメーバーの分解システムで発生。


宇宙の微細な運動を感じこれを把握したければ
自分自身をまず見てパターンとして何に気持ちが動くかの観察。
パターンの始まりには終わりがあります。
これがパターン化すると同じルーティンの回転に巻かれる。

宇宙はお金を必要としないシステムで全体が動いている。
人が作り出した反宇宙のお金に仕組みはバックフィードシステムで何れ終焉。
引きずれば強制終了。
宇宙には宇宙の仕組みを再生させる仕組みで流動している。
反宇宙はこの仕組みで淘汰だと思われる。



一部にもならない知識しかありませんが
これまでも宇宙は知られなかったし、これからもすべては見せない様な気がします。


思いつけば後で私見から追加しておきます。
(記事はあくまでも私見です)
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

古い宮

2017-08-14 14:03:15 | 沖縄情報






シンクロする時はシンクロしますね。

今朝の記事に宮古島の事をアップしたとたん
次から次へと宮古島から連絡が入ります。

そしてメールにも大神島について重要なメールが届いていました。

出先で少し本を読もうと思ったら石庭の管理人さんの本。
他のモノと間違い持ってきてしまったようです。

大事な事(大神)を忘れるとこういう事が起きて来るのは前からでした。




琉球列島の頭は国頭です。
そしてど真ん中にフルミヤ「古宮」の島宮古島がある。
宮古島の中には宮国と言う集落があります。
そして石垣島を一つ隔てて、海底遺跡で世界的に有名なヨナの国、与那国があります。
ここは那がついているのでインドの創造神、ナーガとの繋がりがあり
沖縄本島と繋がる。
始まりが国頭でムスビが与那国ですが三島で結んでいますがセンターが宮古島。

そしてその古宮が神と拝む大神島。
ご存知の様に大神の神事は幻の神事と言われ余り知れ渡っていません。

そしてここの聖地は女性だけが護る。
これは現代も受け継がれていて空間に刻印がなされ
長きに守られてきましたが、昨今スピリチュアル系の人達がこっそりと島人に
隠れて潜入しているのは島人が御存じの通りで
多くのカンの良い人がビジョンとして受け取っています。


大神島には黄金伝説がありますが
これが他の島々にはなくここの島の秘密がここにあります。
これは今度、まとめて書きますね。
皇室との繋がりが伝え続けられるのが大神島。


生きていた人神ではなく
不可視の世界での大きな秘密を持っているのが大神島

奇しくも宮古島と沖縄中部、嘉手納周辺の土質は似た様なもの。
戦後、米軍が北部や他の地域から土砂を運び基地の埋め立てに使った事で
少し変わってしまい毒蛇が出ますが、もともとはあの辺りは蛇はいても宮古島と同じで
毒を持つ生き物が地上にはいなかったと言います。

土のひっくり返しで神々の元素も変わる様です。





そして第二次世界大戦前夜
米軍艦隊が宮古島の手前て停止。
島人はいよいよと覚悟しましたが、結局は米軍艦隊は読谷から沖縄へ上陸。
ご存知の様に地獄の地上戦となりました。

これは私は艦隊は宮古島に入れなかったのは古代からの神仕組みだと考えています。
自衛隊問題で揺れていますが
神仕組みとしてここに上陸する事はないと思っています。
ただ追い込まれると何をするか分からない人達もいて
尖閣で火を起こそうとする人達もいるようです。

艦隊を阻止されたのがこれがこの島の神意。
宮古島沖合いで停止した米軍艦隊は、大神から出た古代の神々の不可視の衣をまとい
戦場へ出向いたんだと思っています。
ある時代に軍神とされてしまったのですね。
宮古島を経由しなくては意味がない何かがあったのだと思っています。

神意を軍神に変えて、いったん大龍宮で兵を整えた米軍艦隊。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出す事

2017-08-14 08:49:26 | 沖縄情報






私が住むマンションは外壁工事中でビルに足場が作られ9階までに達し
べランダの外に出来た廊下を工事の人が機材をもって歩いています。

ネットがかけられていて外が見えずらいですが
これを見ていてふと思ったのですが
大自然が生態系に働きかけるとき、足場や基礎は存在しないとなと気がつきました。
収縮しながら広がる宇宙の力。
梯子も人間の創造の一つなのかもしれませんね。



さて先日、私がこれまで会ってきたシャーマンで記憶に残る人の事を聞かれました。
これはもう考えることなく一人の人がすぐに浮かびます。
宮古島の石庭の管理人さん。
宮古島創造の話を洞察と不可視の世界からのメッセージで受け取り
多くの人に伝えていました。
個人的に思うには宇宙神と繋がっていた方だと今でも思っています。

口先だけで霊世界を語る人が多い中、誰のサポートも受けずたった一人で石庭を完成させました。
石庭を作る時の先生は宇宙だと言っていた記憶があります。
大勢でいる事を好みませんでしたし
一人でいる時にだけメッセージを受けるという事を仰っていました。
私も一人で古代を追っていたので一人で洞察し行動しているのでへこむ事も多かったですが
一人を貫くように励ましてくれた思い出があります。
天神様は必ず見ているからと背中を押してくれました。
壁にぶち当たるとすぐに宮古島まで飛んで飛行場から石庭に直行したことが
思い出されます。


個人的に神世界から来たメッセージの夢解きは人に言う物ではないと思うのですが
私は管理人さんには言いました。
これは管理人さんも同じ意見で、足を引っ張られる可能性があるので
神的メッセージは黙っている様にと言われた事があります。
これは後々の私の体験から事実であると思った次第。
高次元からのモノであればあるほど足を引っ張るのがほとんど。


大神島からのメッセージはある意味では
管理人さん抜きには解き明かせなかったかもしれません。
まだ解き明かせていない内容もあり、これは時が解決するだろうと思いながら
強烈な夢のメッセージを地球に載せて洞察が続いています。
実現化が幾つか残っていますがこれは準備が着々とゆっくりと進んでいます。





物事の例えも人それぞれですが
宮古島の石庭の管理人さんは大神島を水道管の蛇口を預けられた神様と言う言い方を
しましたが
これは天照大神の自然界のハタラキの事を言っていたと思われます。
地球の臍と言う言い方をしていましたが
もしかしたら地球精神の臍の事かも知れませんね。
根の国かも知れないとも言いましたが
これは島に伝わる天照大神の心を「感謝」で拝する人達を見ていて感じた事の様です。

素晴らしいシャーマンで古来からのお祈りを続けるおばあさんたちに非常に
可愛がられていた方でもあります。


そして管理人さんがこの世界から天の戻り
私の師である方はいなくなりました。
今でも覚えているのが初めて石庭に行ったとき。
真っ赤な土塗れで筋肉リュウリュウのおじいさんがヘッドライトを額につけ
ちょうど掘った穴から出てきたところでの出会いでした。
まだまだ元気で私がへこむと叱咤激励しながら
自分の苦労話を聞かせてくれました、今は主亡き石庭ですがこれを見るたびに
どれだけの思いをして一人で黙して生きていたのだろうと思いを馳せる事があります。



沖縄諸島の古代も管理人さんがいなくなりヒントがないなか
それでも管理人さんの言葉が思い出されます。
沖縄諸島には天神がこっそりとかくしてある宇宙の秘密がある。
こっそりと囁く様に教えてくれるので
心を平穏にしておくようにと言うメッセージでした。
また夢見を大事にするように多くの答えがあるとも教えてくれました。
管理人さんは巨石の移動が難しく戸惑っていると夢で答えを多く頂いたそう。

一人で沖縄諸島洞察を続けていますが、不思議な物で先生が言っていた様に人にまみれた生活を
続けると感が取りにくいのは事実。
一人で考える様にと言うアドバイスが今の私のスタンス。

樹木には根があり枝を成長させ大きな木が完成する。
何でもそうであり古代への視点もそうであると教えてくれた師を久々に思い出しています。

本当に素晴らしい師であったと今更ながらに出会いに感謝しています。


時がたち多くの人が古代の話やこれからの世界を聞いて来る事が増えて
戸惑いがあります。

そういえば管理人さんも
多くの人が訪ねて来ると最初は戸惑いが隠せなかったと言いました。
まだまだ勉強不足ですが素晴らしい師がいたことに感謝しながら、個人である事に重点を置き
未来を見ていた管理人さんを久々に思い出しています。
何か伝えたいのかと考えている所です。
自衛隊のことでしょうか?
いや管理人さんの事ですから地球規模かも知れないと改めて思いますが
精神の臍だと沖縄を言いましたからこれかも知れないと色々と洞察は続く。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加