美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

宇宙開闢の音

2017-08-13 20:27:16 | 沖縄情報


頻繁に取り上げる嘉手納のムルチ沼の人類発祥伝説。
シリウス繋がりで答えを探しても見つからずお手上げ状態でした。



現在は沼と言われています
元々はコンコンと水が湧き出る小さな泉。
沖縄中部の水源と繋がっていた。
これらの記憶が地名としての水釜。

ムルチ伝承は白蛇ですがここは白龍としてお祈りがあります。
超古代、嘉手納は白龍を神とした人々が住んでいたところ。




そして屋良ムルチの神名
(アキミウハリ ミウヌ神)

古代琉球語の訳では友人の訳意です

〇〇を開けてください(開けてくださいませ)
美世の神さま


そして他の友人からのヒント。
これが答えに近いのでは。

宇宙開闢の音が最初に転写された場所。
宇宙開闢の音を記憶しているのでは?と言う示唆。
だから嘉手納がシリウスナンバーなのね。
北谷グスクから開闢の音の管轄になるのか?
宇宙は地球から始まったという説がありますから地球の音の記憶でしょうか。
だから戦闘機の爆音が必要になるのかしらね?

軍神が手放せないわけだ。
宇宙開闢の音の記憶があるのですから、これからも手放せないはず。
ご存知の様にこれまで他国の戦争が起きる場合
米軍は沖縄から兵を送りました。


と言う事で
嘉手納は宇宙開闢の音の記憶を持つ場所として洞察を続けます。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追記

2017-08-13 13:41:24 | 沖縄情報



「報道」の記事に追記しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報道から

2017-08-13 08:47:56 | 沖縄情報


報道から



全日空機緊急着陸、日航機墜落事故から32年…同日、同じ羽田発伊丹行きで



 乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から32年となった
12日の午後6時50分ごろ、羽田(東京)発伊丹(大阪)行きの全日空37便が
機内の気圧トラブルのため羽田空港に引き返し、緊急着陸した。
乗客乗員273人にけがはなかった。国土交通省や全日空が原因を調べている。
トラブルが発生した便は当時と同じく午後6時発予定。行き先も同じだった。





航路にまだまだ亡くなった人達の恐怖の記憶が刻まれているのですね。
人命を預かるパイロットに嘘はないでしょうから事実だと思われる。








追記13時24分
私見から少し。
さて記憶と言えば人類のこれまでの文化の集大成に入った感がありますが
豊洲移転後の開発でアジアはこれを狙う人達の狂騒があると
直観しますが都知事の背後はカルトだという見方が多いですね。
カルトとオカルト。

集大成といえば現在サピエンス全史がベストセラーですが立ち読みしました。
これはバックミンスターフラーが伝えている事の様に感じましたが。
全部を読んだわけではないですが、フラーの言っている事と似ている気がしました。
フラーの場合は包括的ですが。
フラーは世界権力機構に取って脅威意外の何物でもなかったので
伏せられましたが
多くの経済学者、数学者などの本の構造に大いにモデルとされています。
いいとこどりでドームだけが抜き取られている気がします。






記憶から言えばですが
豊洲の開発は縄文を抑えた支配者側からは不可欠だと思います。
国立競技場周辺も市松模様がシンボルで縄文やヨーロッパでは結社のシンボルとしても有名。
国立競技場周辺の古代の霊を現実へのサポートして引き入れる為には
豊洲は外せないはずです。
死霊のライン。
縄文ラインと言うのは
沖縄で言えば龍宮とアギ=陸龍宮のラインと言うのは死者の道標。
ここの活性化の為に何千年もおばあさんたちがこのラインを護りました。
東京も例外ではないはずです。
東京は世界の中心と言っても良いですから、物質社会の現代はお祈りに置いて
大きな対価としての開発があるのは当然だと思います。

宇宙は全体的運動なのですが
今はアメーバーの分離システムで世界が形成されているので
ライン的な力の活性化で物事を進化させるシステムがあるようです。

問題は
オリンピック開催はよくわからないと言います。
確かに開会式当日までは誰も分からない。
蓋を開けるまで分からない。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄

2017-08-13 08:38:22 | 沖縄情報



gooブログは読んでくださる人数と時間が明記されるのですが
深夜過ぎたばかりの遅い時間と言うか明け方近くに読んでくださる方もいらっしゃいます。
目が覚めた時間なのかこれから眠りにつくのかと思いを馳せてしまいます。
思わず日々が幸せである様にと何故か思ってしまう私です。
それでも読者さん全てに感謝しています。
いつもありがとうございます。






さて古代、縄文系海洋民族と後から来た渡来系海洋民族が
物事が上手く行かなくなると
平和持続の会合の席を持ったようで
この会合場所が本土であれば神社とされている場合があるようです。

沖縄は神アシャギがあるので高台の景色の良い場所で海から来たお客さんを
持て成した歴史があります。
今でも形態が残されている。



古代の支配層も当然、自分達の行いと立場が未来の子孫につながるという事は
承知していたようですから
自らの立場を明確にしておく必要があると話し合いが持たれ
特に漁業や海際の交易品などの縄張りでよくぶつかった様です。
そして時代が進み話し合いがもたれる様になりました。


龍宮の民であり磁場が強ければ陸龍宮「アギリュウグウ」が交差するポイントで。
太陽、月の配置の良い日には、国に関する話し合い(勢力の陣地)があったとも思われ
沖縄で言えば嘉手納基地内の国直グスクがそうであったと
私は見ています。
そしてこの国直しの経過を神々に伝えたのが当時のシャーマン達。
これが現代まで名残を残す「国番」と呼ばれているノロ達の事だと思われます。
遥か昔から縄文であれ国直しに関しては血脈が大事にされていた気配があります。
今現在も沖縄にいるようですが、少し話を聞くとやはりお墓の歴史が一般とは違うようです。
門中がいまだに残っている家の系列に国番のシャーマンが誕生する様です。
やはり遺伝子ですね。
いわゆる歴史を繋ぎこれらを紡ぐことを得意とする人達。


古代、渡来系が沖縄諸島へ次から次へとやってきた時代がありました。
沖縄の場合はこれらによる国変が起きる気配や戦いになってしまうと
平和へ向けて話し合いが行われたのが、私は嘉手納基地内の国直グスクであると見ています。
伝承からそう思うわけですが
目と鼻の先に北谷の海底遺跡の繋がりもあるのだと思います。
嘉手納一番の平和の女神はフェンスで閉じ込められていますが、いずれ国直が起きるわけですが
ここは渡せないでしょう
嘉手納の土地は那覇飛行場と同じで、大神が住まう大聖地。
守護がありあれだけの飛行機の離発着が行われても大事故もなく人々が安全に旅が可能なわけです。

嘉手納周辺は軍神。
女性性が強い場所が軍神の住まいとなります。
ここは間違いなく古代の女神たちに特別な場所であったと思われます。
現在、日本とアメリカに断ち切られた嘉手納周辺の古代の神の繋ぎ合わせていますが
これは気配から見ても一度大騒ぎがあるかも知れません。
これは嘉手納が退くとき。
古代、武神を纏い戦う人達の心を癒すのは遊女たちでした。
これらのモデルは仏教の仏様に転写されています。
死にゆく戦いへ向かう兵を慰めた遊女たちは女神の気配が濃厚。

キリストで言えばマグダラマリア。
仏教でいえば様々な観音菩薩として癒しの女神の遊女たちが刻印として
仏像に刻み込まれているようです。
仏教徒には許せないという話も聞きますが、私は観音菩薩に限らず女性性と
兵の心のよりどころであった女性達を何かのカタチにするには
やはり仏像に残したのではと言う思いがあります。


ゼロと言う数字を発見したのは古代インドだそうです。
ゼロポイントと言うのはこののちにつけられたのかもしれませんね。
そして米軍(表はそうなりますが背後にいる勢力)がどうしても欲しかった沖縄は
ゼロポイントと関係性があるのは
沖縄の古代史を少しでも勉強すれば理解が出来るはずです。
戦後、沖縄に米軍がやってきて駐留したときの米軍車両のナンバーは何と「キーストーン」と
書かれていました。
アジアのキーストーン、そして未来のキーストーンであることを見抜いていた。


何処かにスチールがあるはずですがネットでは今のところは見当たらないですね。
県立図書館に行けばあるのかもしれません。



追記
遊女と観音仏像ですが
古代は巫女さんが遊女と同じ立場であったと言う事があったようです。

これはメモからのモノですが
本であったかネットであったか記憶がありません。

きっと今の時代とは意識が全く違っていて今の私達には
想像も出来ないのだと思います。
最後の時を過ごす心の支えであったのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加