美らごはん(new version)沖縄と宮古島

   ブログの無断転載をお断りします。
   

記憶

2017-08-02 20:49:37 | 沖縄情報



昨夜、関東は揺れました。
中々寝つきが良くなくて地球磁場に何かあるのかと考えていたのです
暫くして揺れました。

こういう時はいつもと違う方向を向けば
眠りにつきやすいと聞いていましたが、面倒なのでそのままにしていましたが
犬だけがいつもと違う場所で眠りについていました。

野生の動物は草を食べる時,地球磁場に共鳴している場所を向くと言います。
犬も何か感じていたのでしょうか?



そういえば友人のメールに911の時の沖縄の話がチラリと出ていて
思い出した事があります、沖縄中の霊能者が沖縄の危険をキャッチしてほとんどの人が
自宅や聖地で祈りに没頭した話を思い出しました。
9月の沖縄が暑いですが
白い和服を着た女性達が海岸や聖地で多く見られました。
この時ばかりは心が一つになったようです。


嘉手納の動きも尋常じゃなかったと弟の話を思い出しました。
目と鼻の先に伏せられた天岩戸がありますし。
また友人のアパートの上をスクランブル発信する戦闘機などなど
次から次へと動きのある嘉手納。
友人のアパート上空は20機の飛行機が旋回していたそうです。

やはり嘉手納は表装の軍神アマテラスのアジア最前線ですね。
既に忘れていた911の時の嘉手納の空のにぎやかさを思い出しました。





追記14時16分
これは911の時に沖縄中部で起きた事をメールしてくれた友人から
送られたものですが、本人の許可を得て編集なしに記載します。
911の後、沖縄に台風が来たようですが
これは危機的な物を感じた沖縄の霊能者達が力を合わせて台風を呼び寄せた
説が沖縄では語られる事があります。



911の頃の私は唯一物主義
霊だのスピだの沖縄のユタなんて完全否定の人間でした

テレビで見るビルの崩壊
に衝撃を受けながら
頭に浮かんだのが

'次は沖縄に飛行機が来る
だから台風を呼ぶ人がいる'

という言葉
テロから数年経ち
沖縄の霊能者が祈り台風を呼んだいう話を耳にしました

見えない世界を否定する私にもそう感じるくらい
祈りの力と数が凄かったのでしょうね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伝承

2017-08-02 14:04:51 | 沖縄情報



大神島続きです。
「私の住まいを常に清潔に私は仕事で出かけるが必ず仕事を済ませたら戻る」と
島人に伝えヤマト建国に旅立ったと言う天照大神。

この後に続きの伝承があるのは知っていたのですが
全く思い出せませんでした
完全失念状態。

先ほどふっと記憶が蘇りました。
大変な仕事なので大神に戻ったらゆっくり平和に暮らすと言う様な内容であった記憶があります。
完全ではないかも知れませんがこれに近かったと思います。
話に尾ひれがついた可能性もありますが
高齢のおばあさんたちのシンプルな伝承と言うのは慢心なく伝えられてきた可能性もあります。

もしそうだとしたら世替わりですよね。
最終段階の軍神の仕事の内容が非常に気になりますが
これをアジア全体に当てはめれば、アメリカ軍撤退の後の自衛隊進出。
非常にまずい状態になりますが
私はいまだにギリギリまで青写真があるとしても先島では戦いがない気がします。

理由は第二次世界大戦前夜
宮古島近辺まで米軍艦隊が押し寄せ島人は「明日やいよいよ攻撃対象」と覚悟し
洞窟へ避難したそうです。
この話は祖母から直接聞きました。

しかしクルリと方向を変えて米軍艦隊は沖縄本島に向かいます。
そしてご存知の通りの地獄絵の地上戦。

こういう展開からギリギリで回避可能だと見ていますが
そうはさせないと言う勢力がいるのも事実。


それでも大神に伝承を残した太陽神アマテラスの衣を着た方の
「戻ってきたら島で平和に暮らす」と言う言葉を信じたいです。


追記16時44分

この伝承はもしかしたら一人の人間に例えた
宇宙の変化を伝えた天体の物語の可能性もあると私は考えています。
古事記など天体の物語を人物に模写した可能性も含んでいる説もある。
一人の人間のメッセージにしては壮大な物の様な気がします。
時代霊の変化のメッセージであり、その都度に日本が変わる事、地球の大変化を
伝えているのかもしれないとも感じたり。
日本建国は様々な勢力の野望と重なり終焉が見え隠れし現在を迎えていますが

私の祖母はアマテラスは自然を纏め納める力を言いましたし
島の年寄りもそういうスタンスで
あったと思われます。

と言う事で一人の人を言うのではなく
宇宙大変化の時代霊を伝えているのかもしれないと感じています。
人間の集合無意識との繋がりがあるのでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広がる汚染

2017-08-02 08:43:18 | 沖縄情報








今文明は共同主観と言う位置で文化を形成してきたと書いている本が
売れていますがこれ個人的には読みにくい。
例え方は色々ですが同調性の事をいっているのではないかな?


結局「見る」と言う行為において人と同調して見ている事が
今の人の心の在り方と関係があると言う人が多々います。
個人的にもこれらに気がついてここから抜け出す事にチャレンジし続けています。
深いレベルでこれに気がつかない人が多いと言うより、知っていても同調すると楽なので
ここに自分を置く人が多いのでは?

だからイエスマンだけを周囲に置く
自分に少しでも反論する人を恐れると言う風潮があるのかもしれません。
独立している様に見えても、ただ人の視線が怖い人もいるようですし
心を見透かされる事を恐れる人も多い時代です。


同調性があるので宗教が蔓延ってきましたし
これらに対してアレルギーが強くなってきたので
今度は精神世界を世界に落とし込んできた権力層。
宗教もスピリチュアルも金融も戦争も世界権力機構に属します。

宗教や精神世界は人それぞれなのでこれは選択自由です。
これらも誰かに自分を任せると言う事から人々は卒業すると私は見ていますが
ただ請け負う方に人として素晴らしい人は確かにいます。
人として人の心に影響を与えるのですから苦労人が多いのでしょうか。
心が荒れていないですね、ですから暴言も吐かないし上から目線でもない。




支配層は報道で時間軸を操るかの様に複雑に交錯させて一般を幻惑する事に
長けていますが、気がついてきた人達はあまり影響を受けないようです。



人が自然に対して鈍くなっているのは
これは不可視で言えば水の汚れと関係性があるのでは?と感じています。

水は奇跡的な物ですが
その土地により成分が違いますが元々は水は結局は人類を癒す水がほとんどです。
島々はまたその土の成分で水が違い
島の気質と関係性がある様な気がします。
自然の気が強い場所の水は徹底して汚染されている気もします。
水って不思議でその土地から出ると、水が合わないと言う言い方も世界にはありますが
生まれた土地から離れると奇跡的な水が生まれる土地の水でも
ここから出た途端に水の作用が無くなり、人によって体調を崩す人が多いと思う。
故郷に戻ると俄然と元気になる人は多いです。


浄水器のビジネスは上手く行っているようですが。
海外を含め日常生活の延長上での環境を調べると段々と地球の未来が見えて来ますね。
抜き差しならない所まで来ています。
世界の水の汚染が去年より進んでいると感じました。
あくまでも英語版でネットを駆けめぐっただけですがそれでも汚染が広がっていますね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加