チムどんどん「明石通信」&「その後」

初孫との明石暮らしを発信してきましたが、孫の海外移住を機に七年で区切りに。現在は逗子に戻って「その後」編のブログです

咲き始めの桜の下で遊ぶ孫二人

2017-04-05 16:22:34 | KAZU君&KANA君と妹君
4月5日(水)

 KAZU君の春休み。埼玉の小学校は来週月曜の10日が始業式とかで少々長めです。
 ただ、楽しそうな長期休業といっても、お母さんはお仕事があるので大宮にいると昼間は学童に行くことになります。

 もちろん学童で過ごすのも大事なのですが、逗子の家に行けば、おじいちゃんやおばあちゃんがどこかへ遊びに連れて行ってくれそうと思うのが子ども心。本当は逗子の家に行きたいところでしたが、3月は二回にわたって5泊もしていることもあって、3月中の春休み前半は大宮で過ごし、4月に入ってすぐの1日の土曜日に逗子にやって来ました。

 日曜日はおばあちゃんと鎌倉へ散歩としゃれ込んだ後の翌3日の月曜日のことです。

 いつも「KANA君に会いたいな。一緒に遊びたいな」と言っているKAZU君。KANA君のパパが仕事の都合をつけてくれて、その願いが叶いました。
 この日はCHUMUちゃんが保育園初登園の日で、CHUMUちゃんとママには会えませんでしたが、保育園の前で待っていると、入園式を終えたパパとKANA君がご登場。

  都電三ノ輪橋駅へ向かい、みんなでオレンジの電車に乗りました
   

 町屋駅で下りてお昼ご飯を調達。向かったのは荒川自然公園です。この公園には北のエリアに「交通園」という施設があって、自転車を練習中のKANA君にとっても、ふだん自転車を乗り回せないKAZU君にとっても格好の場所ではないかと思ったのです。
 ということで、咲き始めた桜の下でのお弁当タイムもそそくさと、さっそく自転車にまたがったのでしたが、

  KANA君は補助輪付き専用の場所
   

  KAZU君は普通の自転車の周回コースへと
   
 やっぱり、4才と8才の二人が仲良く走り回るというのは難しいのです。

 ひとしきりペダルを漕いで楽しんだ後、この公園によく来るKANA君が、「あっちにアスレチックあるから行こうよ」と誘うと、

  二人、走るように南側のエリアへ
     

  仲良く、めいっぱい遊びました
  
   
    

    
     


      風光り走って登ってぶら下がり   弁人


 でも楽しい時間は瞬く間。気がつけばもう夕方です。

  帰りは、南エリアに近い荒川二丁目駅へ
   

  「桜咲いて来たね、また遊ぼうね」
   

 都電を下りてお別れする時のKANA君も寂しそうでしたが、「上野・東京からの電車がラッシュで混まないうちに」と急かされたKAZU君も「もっと遊びたかった」と少々ぶつぶつ言いながら上野駅からの電車に乗りました。
 とはいえやはり遊び疲れでしょう、間もなく夢見心地の状態になっていました。


      永き日や家路の子らの不満顔   弁人


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お彼岸の連休にKAZU君と遊ぶ | トップ | 靖国神社の桜だけ早い?「K... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。