チムどんどん「明石通信」&「その後」

初孫との明石暮らしを発信してきましたが、孫の海外移住を機に七年で区切りに。現在は逗子に戻って「その後」編のブログです

冬の寒さが到来しないうちに「花散歩」

2016-12-07 17:45:07 | お出かけ・散策
12月7日(水)

 師走に入って気分的に慌ただしくなってきましたが、先月末から一週間余り、比較的暖かな日が続きました。

 小春日和は初冬の頃ですから、もうその時期は過ぎているものの、風がなくて穏やかな日が射し込んでくると、外はどんな具合だろうかとカメラを持って出かけたくなります。
 ということで、先日ふと大船のフラワーセンターへ行ってみました。

  園内に入ると、まずはコスモスがお出迎え
  

 その先に、鉢植えですが面白そうな花が目に入ってきました。
  「ミナ・ロバータ」。「スパニッシュフラッグ」とも
  
 ヒルガオ科ということで葉はアサガオにそっくりですが、花は全然違います。始めは赤く咲き次第にオレンジ、黄、白と変化するそうで、一房(枝?)の花にその様子が見てとれました。

  さて、ドウダンツツジにカメラを向けたりしながら
  

  この時期らしい、ツワブキの黄色い花の脇を抜けると
  

  ようやく紅葉真っ盛りになったと言わんばかりの光景が目の前に
  
    

  プラタナスの葉はだいぶ落ちていました
  
 ふつうスズカケの木と言いますが、スズカケを漢字にすると「鈴懸」ではなく「篠懸」と書くそうです。

  その篠懸の実
  
 「篠懸」とは山伏が羽織っている衣のことで、両胸の辺りに丸い房が付いていますよね。その形に似ているところから付いた名前とのことです。

  この時期に? そうです、正真正銘「サクラ」です
  
 名前は「三波川冬桜」。三波川のある群馬県の桜山公園に植えられているのは国の天然記念物になっているとかで、この時期にいったん咲き始め、寒さが強まると残ったつぼみはそのまま冬を越し、春になるのを待って咲くのだそうです。ちなみに、その桜山公園とかでは12月初めに桜まつりがあるそうでびっくりです。
 そういえば、昔購入した「日本桜名所百選」という本の中に、たしかに群馬県の「桜山公園」のページがありました。私の家が逗子市桜山なのでなんとなく記憶に残っていて、帰宅後さっそく書棚から出してみると、なるほど上の説明どおりのことが載っていました。


      おっと、首傾げるように冬桜   弁人


  これは? そうそう、クチナシの花の実です
  
 明石の太山寺でもカメラに収め、ブログの記事にした思い出があります。一昨年の冬、2015年の2月頃だったでしょうか。

  落ち葉の中からひっそりと咲くのはスノードロップ
  
 日本ではマツユキソウ(待雪草)とも。小さくて可憐な花ですが、鮮やかな純白さがなんとも言えず魅力的です。
 ヨーロッパではこの花にまつわる言い伝えや童話がたくさんあるようです。

  次は、かわいい花がたくさん集まっているイソギク
  
 「キク」と言ってもいろいろです。このキクは葉の縁取りが白くなっていますが、実は葉の裏が白くてそれが表の縁に現れているのです。

  しんがりに、なかなかいい香りを漂わすヒイラギの花
  
 漢字で書くと「柊」ですから、やはりこの時期の花なのでしょう。ヒイラギはギザギザの葉が特徴ですが、これはモクセイ科の木でギザギザがありませんでした。モクセイと言えばキンモクセイやギンモクセイが浮かんできて、なるほど香りのよいのも肯けます。
 なお、赤い実を付けるのはモチノキ科の「ヒイラギモチノキ」で、「ヒイラギナンテン」というのはメギ科で春に黄色い花を咲かせるそうです。


      色も香も健気にしたたか冬の花   弁人


 なんか、今回は急に花のことに詳しくなった感じですが、実は、この日はちょうど園長さんから案内をしていただける月一回の「花さんぽ」が開かれる日だったのです。ということで、園長さんと職員の方の説明を受けながらの、いわば、うろ覚えの「俄か知識」といったところが大半でした。あしからず。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぶらっと、観音崎へ | トップ | 思い出いっぱいの「明石」が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お出かけ・散策」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。