goo

予讃線名物

原色PF!単線! 快晴!フル積載!

このときをお待ちしていました。

豊浜―観音寺

 

海岸寺―詫間

 

ところで、全検出場後初の関西入りの当時

冬至近くで影の中でも眩さを維持したままでした。

平野

※やっつけ合成なのはお許しください(次位まで221系が迫っていましたので)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

クハ201-1の近況

本線を最後に走り切ってから9年が経ち、それまでの鉄粉が蓄積されたままです。このほど修繕線に近い保管場所から、観察を誘うかのような場所に移動されました。

2009年~2012年に過ごした定位置とは本線から1つ分、離れていますので、全貌が伺えやすくなっています。手前の藪で見づらいのですが、手歯止めは1エンド側の台車に固定されています。

 

時代に取り残された世界観を主張する、平日朝の塒であります。

 

以下既視感のある風景かと思えば、それは2014年以前の公開時に身を寄せたレーンの隣でした。

早起きして通い続ければ、こちらら富士山とコラボできるのでしょうか。

 

このは検測車と縦列駐車、圧縮しても床下まですっきり、今だけ地元の方が羨ましくなります。

 

2011年に比べ、見易くなりましたが、

この子を思うと、もとに戻すことを望むばかりです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

開放感!

夏至が近づくにつれ、蜜柑色の日差しは瞬く間に過ぎてしまいます。

長柄―巻向

 

翌日以降は青空とタイミングが合わなかったり、前面への陽当たりが弱くなりったりで、5日費やすもバッドエンドで終ってしまいました。

長柄―巻向

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

宿題

後追い、練習電

これらの条件を明日こそ、そのまま201系の置き換える! という思いが詰まった1枚です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

特急大雪 代走特集

丸瀬布―下白滝

 

生野―生田原

 

遠軽―瀬戸瀬

 

遠軽―瀬戸瀬

 

遠軽―安国

 

美幌―西女満別

この一回だけ、噂通りの誤幕で通過してまいりました。

それでも、スラントノーズが入るまでの、北見で過ごした無駄な数日を思うと安上がりな結果です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ