ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を載せています。

本日は「経営革新」をテーマとした中小企業診断士竹内幸次氏の168回目の記事となります。
前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
「価格を超える魅力でイノベーション」
--------------------------------------------------------------------------------
168回 時代が求めるアンチトレンドでイノベーション

株式会社スプラムの中小企業診断士竹内幸次です。前回の「価格を超える魅力でイノベーション」に続いて、
今回は「時代が求めるアンチトレンドでイノベーション」がテーマです。
--------------------------------------------------------------------------------
人気沸騰の「写ルンです」

2016年は富士フィルムの「写ルンです」の人気が再沸騰した年でした。1986年発売から30周年にあたるため、
メーカーである富士フィルム社が30周年キャンペーンを行ったことが理由ですが、キャンペーンを行ったこと以外に、
市場(顧客)側にも人気沸騰の理由があるようです。

・アンチトレンド現象

アンチは「反対」や「対抗」という意味です。トレンドは「傾向」や「潮流」という意味です。「写ルンです」は現代の
スマホ普及時代、デジタル撮影時代、シェア写真時代というトレンドの中で、その逆に、どこか昭和の雰囲気がある、
軽い紙製のトイ感覚の魅力を市場(顧客)が感じたためヒットしたようです。

・“あと何枚しか撮れない”ということが一種の希少価値になる
・現像が仕上がる期間が“楽しみ”になる


歌声喫茶で他世代との交流

アンチトレンド現象としては歌声喫茶の人気も挙げられます。昭和に流行した喫茶店でのイベントの1つですが、
ネット接続されたカラオケの現代に、あえて電子楽器を使わずに、歌詞を紙に書いて大勢で合唱のように歌います。
意外なことに若者の参加も多いのです。

・大勢で同じ歌を歌うことが楽しい
・若者からすると、昭和のナツメロはむしろ新曲のように新鮮に感じる
・幅広い世代と交流することが楽しい


世界的には荒野のイベント「バーニングマン」

米国ネバダ州で年に1回1週間行われるイベント「バーニングマン」は、まさに現代文明から距離を置くイベント
です。ガソリンスタンド等の生活基盤はなく、スマホ等の通信サービスもありません。このため人類の原点回帰
とも言えるような、対面による会話が繰り広げられます。日本でもWi-Fi等のネット環境がない旅館等へのニーズが
一定数あるのと同じです。

・不便さを求めるニーズも確かに存在する
・デジタル化で何でも便利な時代であるからこそ、特別な場所や期間の不便さが価値になる
・便利さを再認識するための不便環境に人が集まる時代

中小企業経営者の皆様、アンチトレンドをイノベーション活動に活かしていきましょう!
--------------------------------------------------------------------------------

株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 http://www.spram.co.jp/

中小企業診断士竹内幸次ブログ http://blog.goo.ne.jp/2300062/

株式会社スプラムFacebookページ http://www.facebook.com/spramjp

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ビジネスIT... ビジネスIT... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。