ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



--------------------------------------------------------------------------------
神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を掲載しています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ
キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の51回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるパソコンの小技 その4(設定編)」です。
なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
仕事の効率を高めるパソコンの小技 その3(ウインドウ編)
--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------
ビジネスITスキル情報 第51回

仕事の効率を高めるパソコンの小技 その4(設定編)

長時間パソコンの作業をしていると、肩が凝ったり、目が疲れたりしてしまうなど、体に大きな負担を
与えてしまうため、1時間に10分~15分は休憩をとるように、厚生労働省がVDT作業における労働衛生
管理のためのガイドラインを公表しています。

パソコン作業による疲れの原因のひとつとして、「ブルーライト」があります。
「ブルーライト」とは、目に見える光(可視光線)の中で、最もエネルギーが強くて、目の奥の網膜にまで
届いてしまう青い光のことをいいます。

このブルーライトをカットする商品として、メガネやパソコン画面に貼るフィルタなどが販売されていますが、
パソコンの設定でもブルーライトを軽減することはできます。

Windows搭載のパソコンは、色々なメーカーで販売されているため、パソコン環境によって設定は変わって
きますが、今回はインテルプロセッサ内臓パソコンで、ブルーライトを軽減することができる設定について
ご紹介していきます。

インテルのプロセッサ(CPU)が内蔵されているパソコンはディスプレイの設定もできるようになっている
ことが多いです。

①デスクトップ上で右クリックし、表示されたショートカットメニューから「グラフィックスプロパティー」
(バージョンによっては「グラフィックプロパティ」)をクリックします。



②表示された画面の左側の一覧から[色調整]をクリックします。(画面はパソコンのメーカーや環境に
よって異なります。)

③[色]から「青」色を選択し、[明るさ]をマイナスの設定にしていきます。その具合は、環境や自分の
見え方によって調整していきます。調整が終わったら、<適用>ボタンをクリックします。


これでブルーライトの光を調整することができます。色が若干変わりますが、目には優しい設定になります。
普通のパソコン画面を見ると、どれだけ強いブルーライトを浴びていたのかがわかります。

ソフトを入れたりしなくても、パソコンの標準設定でできますので、皆さんも設定してみてください。
--------------------------------------------------------------------------------

株式会社インプルーブキャリアデザイン
 代表取締役 石川 紀代美

--------------------------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経営革新で未... 経営革新で未... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。