ビジネスBLOG @神奈川中央会
神奈川県中央会が提供する中小企業支援情報です!
 



--------------------------------------------------------------------------------
神奈川県中央会では、3つのテーマ(「経営革新情報」、「経営に関する法律情報」、
「ビジネスITスキル情報」)による専門家の記事を掲載しています。

本日は、「ビジネスITスキル情報」をテーマとした株式会社インプルーブ
キャリアデザイン 代表取締役 石川紀代美氏の58回目の記事となります。
今回のテーマは、「仕事の効率を高めるパソコンの小技 その11(トラブル対応編)」です。
なお、前回のブログを見逃した方はこちらからご覧いただけます!
仕事の効率を高めるパソコンの小技 その10(保存編)
--------------------------------------------------------------------------------
このブログは、神奈川県中央会が運営しています!

http://www.chuokai-kanagawa.or.jp/


http://www.facebook.com/chuokai.kanagawa


--------------------------------------------------------------------------------
ビジネスITスキル情報 第58回

仕事の効率を高めるパソコンの小技 その11(トラブル対応編)


パソコンを使っていると、最初に使っていた時よりもどんどん遅くなってきて、イライラしてしまう事はありませんか?


パソコンは使っていくと、データや情報などがどんどん増えていってしまうため、気づかないうちに少しずつ遅くなっていきます。
それが使うごとに積み重なって、待ち時間が長くなるほど遅くなってしまいます。

パソコンの動作が遅いと、作業も遅くなってしまうので、仕事にも影響が出てしまいます。
また、イライラが続くと精神的にも負担がかかってしまいます。

パソコンの動作が遅いといっても、色々なケースがあります。
原因も色々ありますが、今回はパソコンの起動が遅い時の原因と対処方法をご紹介していきます。



パソコンの起動に時間がかかる原因としては、



「ハードディスクの空き容量が少ない」、

「起動と同時に一緒に準備されるソフトウェアが多い」、

「周辺機器がたくさん接続されている」

ということが考えられます。


ハードディスクの空き容量を増やすには、次の方法があります。



1) 使用しないファイルやフォルダーを削除する

使用していないファイルやフォルダーは、クリックで選択して Delete キーで削除することができます。(右クリック→削除でもOK)


2) 外部メディアにファイルを移動する

写真や動画や、残しておきたいけれど頻繁に使用しないファイルは、外付けハードディスクやUSBメモリ、DVDなどに移動しておくことをお勧めします。


3) 使用していない不要なアプリケーションをアンインストールする

※ アプリケーションを削除してしまうと使用できなくなりますので、必要なものを削除しないように、アンインストールの際は注意してください。



① 「コントロールパネル」を表示し、「プログラムのアンインストール」をクリックします。
(コントロールパネルは<スタート>ボタンをWin7はクリック、Win8.1、10は右クリックすると表示できます。)






② パソコンにインストールされているアプリケーションの一覧が表示されます。削除したいアプリケーションをクリックして、
「アンインストール」または「アンインストールと変更」をクリックします。






③ アプリケーションを削除することができます。

続きは、次回のブログでご紹介していきます。




--------------------------------------------------------------------------------

株式会社インプルーブキャリアデザイン
 代表取締役 石川 紀代美

----------------------------------------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 経営革新で未... 経営に関する... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。