chuo1976

心のたねを言の葉として

   朝刊を大きくひらき葡萄食ふ    石田波郷

2014-09-30 05:39:17 | 文学
朝刊を大きくひらき葡萄食ふ    石田波郷
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男は桃女は葡萄えらびけり     大住日呂姿

2014-09-29 05:36:44 | 文学
男は桃女は葡萄えらびけり     大住日呂姿
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きりぎりす青き舌打ちしたりけり 佐藤惣之助

2014-09-27 23:08:46 | 文学
きりぎりす青き舌打ちしたりけり 佐藤惣之助
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はゝこ草父の知らざる母の嘘   間村俊一

2014-09-26 05:25:36 | 文学
はゝこ草父の知らざる母の嘘   間村俊一
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほがらかな柿の木一本真昼かな    火箱ひろ

2014-09-25 05:18:44 | 文学
ほがらかな柿の木一本真昼かな    火箱ひろ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿の実のごとき夕日を胸に持つ    高橋順子

2014-09-23 02:44:26 | 文学
柿の実のごとき夕日を胸に持つ    高橋順子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿を見て柿の話を父と祖父    塩見恵介

2014-09-22 05:49:25 | 文学
柿を見て柿の話を父と祖父    塩見恵介
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿むいて今の青空あるばかり    大木あまり

2014-09-21 05:40:37 | 文学
柿むいて今の青空あるばかり    大木あまり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去への自責の念、行動に 女優・李香蘭を悼む 映画史家・比較文化学者、四方田犬彦

2014-09-20 15:03:20 | 映画
過去への自責の念、行動に 女優・李香蘭を悼む 映画史家・比較文化学者、四方田犬彦
2014年9月17日05時00分 朝日新聞



 山口淑子さんが7日、94歳で逝去された。リオデジャネイロの大学で集中講義の最中に訃報(ふほう)を知らされたわたしは、周囲に彼女のことを語り合う人間がいないことに孤独を感じている。
 わたしが親しく訪れた台湾やパレスチナの難民キャンプでは、おそらく事情はまったく違っているだろう。人々は70年前に台湾の少数民族の少女を映画で演じた李香蘭を懐かしみ、自分たちの惨状に深い共感をもってドキュメンタリーを撮りあげたジャミーラ・ヤマグチに熱い思慕の念を送っているはずだ。
 一昔前だが、わたしが映画史家として山口さんにインタビューしようと東京・一番町のアパートメントを訪問したとき、彼女は自分のことをただ「ジャミーラ」と呼んでほしいと語った。それは難民キャンプでの日々に、パレスチナ解放機構のアラファト議長から与えられた名前だった。
 山口さんは1920年に旧満洲(現在の中国東北部)の瀋陽に、日本人を両親として生まれた。幼少時より北京語に馴染(なじ)み、白系ロシア人から声楽を叩(たた)きこまれ、ラジオ歌手として活躍。芸名の「李香蘭」はそのとき考案された。やがて満洲映画協会の花形女優となり、日本に「帰国」すると、日中親善を説くメロドラマ映画「支那の夜」で大スターとなった。
 奇(く)しくも彼女は原節子と同年生まれであるが、彼女とは対照的に、常に異郷の女、占領地でたくましく生き延びる女を演じ続けた。もっとも彼女がほんとは純粋な日本人である事実は極秘事項であり、まだ十歳代の山口さんは日夜それに悩まなければならなかった。
 日本が敗戦を迎えたとき、李香蘭は中国侵略に加担した売国奴として、国民党政権によって死刑を求刑された。だが日本人だと判明して無罪となり日本に帰国。その後、ハリウッドや香港でも活躍。70年代に入るとパレスチナ問題に積極的に関わり、日本赤軍をめぐるインタビューでテレビ大賞優秀個人賞を受賞した。
 こうした彼女の行動には、少女時代に軍国主義の操り人形とされた過去への、強い自責の念が感じられる。アラブ問題に強い国会議員を18年勤めあげ、鶴見俊輔や三木睦子らとアジア女性基金を設立、民間レベルでも元従軍慰安婦問題解決に腐心したことは、重要なことである。
 「長い間、わたしの最大の秘密は、わたしが日本人だということでした。それが解けてしまった以上、もはやわたしに秘密はありません」と、彼女はわたしに語った。金日成にせがまれ酒席で「支那の夜」を歌った話やら、ウガンダでアミン大統領とホワイトクリスマスを祝った話やら、わたしは信じがたい話を次々と聞いたが、いつかそれを纏(まと)めてみておこうかと考えている。

 ■絶大な人気 常に歴史の転換点に
 山口さんを悼む声は、各界から寄せられた。
 満映の映画編集者だった岸富美子さんは、新京(現長春)にあった満映の社宅で隣同士だった。「素晴らしい中国服を着て出社されるのをいつも眺めていました。日本でも満州でも、男性に絶大な人気があった。私の兄(福島宏)は『私の鶯』という映画のカメラマンでしたが、うわさになってはいけないと、あまり親しくしないよう気を配っていました」
 チャーリー・チャップリンとも親しく、「日本チャップリン協会」の名誉顧問を務めた。大野裕之会長は「『ライムライト』の音楽の録音に立ちあい、オーケストラを指揮するチャップリンを間近で見たそうです。ペット型ロボットに『チャーリー』と名付け、『彼が身近にいる気がするの』と可愛がっていました」
 波乱の人生は劇団四季が「ミュージカル李香蘭」として舞台化した。企画した演出家の浅利慶太さんは、次のようなコメントを寄せた。「あの気品あるほほ笑みが今でも脳裏から離れません。ミュージカル製作の際には、取材のため、中国大陸に赴き、その足跡を訪ね歩きました。彼女は常に昭和の歴史の転換点にいらして、忠実にその時と向き合っておられた」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本軍の支配下だった上海でのコンサートで…

2014-09-19 02:41:04 | 映画
余録:日本軍の支配下だった上海でのコンサートで…
毎日新聞 2014年09月17日 00時07分(最終更新 09月17日 00時12分)


 日本軍の支配下だった上海でのコンサートで「何日(ホーリー)君(ジュン)再来(ザイライ)(いつの日君帰る)」を歌った李香蘭(りこうらん)こと山口淑子(やまぐちよしこ)さんは、官憲から「重慶政府か共産党に帰ってきてほしい」という本心かと疑われた。その官憲は彼女を中国人だと信じていた
▲一方で中国側にはこの歌を日本軍が流行させた亡国の歌だと排斥する動きもあったという。それが今日も歌い継がれるのは、30年ほど前に台湾の歌手テレサ・テンが李香蘭の「夜来(イエライ)香(シャン)」と共にカバーしてヒットしたからだ
▲この時テレサは「何日君再来」に中国の民主的統一の願いを託したといわれ、片や中国当局は退廃的だと一時販売を禁じた。いや一つの歌ですら争闘の渦の中、波瀾万(はらんばん)丈(じょう)の運命をたどる現代アジア史である。それを一身の運命として生きるとはどんな体験なのだろう
▲日本が満州国を造った中国東北部に生まれ、日本の国策の下で中国人女優・歌手「李香蘭」として前半生を生きた山口さんである。終戦で中国側に「漢奸(かんかん)(裏切り者)」として処刑されるのを危うく免れて帰国、戦後は政治家としても日中友好に尽力した生涯だった
▲後年山口さんが李香蘭時代の作品で最も恥じたシーンがある。映画で日本人男性に平手打ちされ、初めて心を開く中国人女性を演じた場面だった。殴られ、しかも好意を抱く--そのころの中国人がこれに二重の屈辱を感じることを想像できなかった当時の日本人だ
▲両国にまたがる長い旅を終えた山口さんには、昨今の日中間の認識のミゾも心配だったろう。だが美しい歌を聞けば心動く同じ人間ではないか。「何日君再来」や「夜来香」はその証しとして残された。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌国際芸術祭

 札幌市では、文化芸術が市民に親しまれ、心豊かな暮らしを支えるとともに、札幌の歴史・文化、自然環境、IT、デザインなど様々な資源をフルに活かした次代の新たな産業やライフスタイルを創出し、その魅力を世界へ強く発信していくために、「創造都市さっぽろ」の象徴的な事業として、2014年7月~9月に札幌国際芸術祭を開催いたします。 http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/about-siaf