中二な中年の備忘録

備忘録なので大した内容はありません。
たまにちょっと多めに語る時があります。
競馬の話題の時はさらに饒舌になります。

池袋モンパルナスを遺そう・続報は追って

2016年09月18日 00時26分36秒 | ぶらり、城北
2016.8.27の回顧録

麺やとら(昼食)→金剛院→アトリエムラギャラリー(ダム・ダン・ライ&冨岡奈津江展)

個人的には、陶芸の素材で、陶芸の範疇を軽々越えた、リアルな動物を作っちゃう冨岡さんの作品に惹かれたんだけど、ダムさんのカラフルで独特の有機的な作品と一緒に展示されると、調和的な空間の面白さが生まれているのが、楽しかったね。バランス的には、ダムさんの作品を、ヴォリューム的に倍くらい配置して、合間から冨岡さんの作品が顔を出す、みたいな構成になったら、もっと楽しそう。ともかく、冨岡さんは、ありがちな動物ばかりじゃなく、結構マイナーな動物もリアルに手掛けているので、動物好きは一見の価値ありの作家さんだよ。
そんで当日は、オーナーの方とも結構な長話。本当に住宅街の真っ直中だけど、嘗てアトリエ村が存在し、池袋モンパルナスと称された土地の空気を、少しでも遺し、後に伝えていきたいという思いを感じたし、実際、現在でも住んでいる芸術家の方やその関係の方、縁のあるギャラリストの方達は、鋭意活動しているみたい。でも、そんな活動を吹っ飛ばしかねない動きがあることを知って、もう呆然とするばかり。豊島区は、回遊美術館開催の意味合いを、自らぶち壊す気なのかね。詳細は、必ず後日。

アトリエムラギャラリーのページ
冨岡奈津江さんのページ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アンフレンデッド」鑑賞 | トップ | 文京・新宿、お前らもか、み... »

コメントを投稿

ぶらり、城北」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。