鄭容順の直言!

日頃気が付いたこと徒然に。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月23日(水)晴れていて少し暖かい。

2011-03-23 09:32:21 | 直言!
食べすぎもある。また風邪もひいているだろう。
確かによく食べる。加齢とともに食べることは控えないといけないのによく食べる。

昨日は朝、9時35分に自宅を出た。
45分に病院についた。予約は10時半である。
早く行って早く予約すると早く診察してもらえると早く家を出た。
なぜか昨日はは整形外科の患者が少ない。
15分待って10時に診察してもらって膝に注射をした。
会計を済ませて薬局に処方箋を出して「夕方主人が取りにきますので」と行ってすぐに出た。夫も夕方、病院の予約をしてあるから。
歩いてバス乗場に向かった。
JR奈良駅まわりの市内循環がなかなか来ないので奈良公園まわりの市内循環バスに乗った。氷室神社のしだれ桜の開花をみたい気持ちもあった。
氷室神社の前を通ると蕾が膨らみかけていた。あと2・3日もすれば開花することがわかった。
10時半に近鉄奈良駅に着いて銀行に寄って公金の振込みをして次の振込みは先日、仕事関係の冊子を送ってもらったので購入代金の振込みをするが支店名が書いていない。電話で問い合わせてなんとか振込み作業ができた。
そして急いでコンタクトレンズの購入に向かう。駅のすぐ側にある。
ここで眼の検査をしたりしてやっとコンタクトレンズの購入をした。
時計は12時前、大方1時間かかった。
この後、急いで昼食に向かう。
今日の日替わりランチは鯖の煮込み、日替わりランチのメニューを見て店に行く。他の人も同じことをしている。年輩は日替わりランチを食べているが若い人は魚が好みでないのか他のメニューにしていた。が、昨日の日替わりランチは美味しかった。
やっと食事を終えて行きつけの喫茶店に行ったのが12時半、喫茶店で新聞を読んだ。家に帰るのがまだ早いと思って読みかけの文庫本を読んだ。
時計は3時になった。
それこそまた急いでスーパーに買い物、小学校の同級生とあった。
息子が東京に転勤という。
私はそれは「いい機会」といった。
40歳過ぎて独身、「お母さんが気に入る嫁さん、連れて帰っておいでといっておき」と私がいうと「それはないわ。息子がいないとなると寂しい。あの子、ごはんもたけへん」という。私は「そんな1人になったらするから大丈夫や」といったが「寂しい。寂しい」というので「半分は息子の世話しなくてほっとしているのと違う」といったら「半分はほっとしているが半分は寂しい」という。
母親の心情は分かるが親離れ、子離れをしないといけない。
子どもはいつか親の手もとから巣立っていく。
また巣立つことができるように子どもを育てているのが親である。
私も息子が沖縄の大学に行くといったときは寂しいそのものだった。沖縄に行った後も心の中に穴があいたようだった。ご飯を炊いておかずも作るのかと思ったが子どもの自立のために親は我慢しなければならないと思った。
巣立ちをした息子は飛びすぎて沖縄に居座ったまま奈良に帰ってこない。
これも困ったものだ。
あまりにも飛びすぎたと思っている。

同級生とわかれてバスに急いで乗った。
家に着くと4時過ぎている。
パソコンを急いで開けて受信メールを見るが編集局からはきていなかったので急いでパソコンを閉めた。夫に電話して薬局の番号札を自宅前のマンションの玄関まで取りに来てもらった。
それから急いで急いで夕食を作った。
夫が病院から帰ってきたのが6時半、何も食べられないという。
ご飯を少し食べて横になった。
風邪と胃腸をこわしているようだ。

夫はすこし良くなると起きてきてテレビを見ている。
また----。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月22日(火)昨日夜、遅... | トップ | 春は着実に来ている。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL