ariとchunの楽しい馬生活

馬に乗る事よりもお手入れが好き。こだわりの馬具、こだわりのお手入れ、楽しい馬生活。

ぼのぼのぼの

2017年05月17日 | 新馬とたまに乗る馬君


え、僕??

のそ~~っと出てきたボノボノ。



可愛いってタイプではないですが、男の子感がすごくあって
関わると頼れるアニキ的な感じに思えてくるような気がします。

私的な感情もあって、この前は私自身がまったくボノボノを受け入れていない状態でしたが
今日は、ちゃんと向き合おうと思えました。

脚を使いすぎるとどんどん鈍くなるタイプの馬 → chun

動きの質は違うけど乗り方は一緒。

でも最初の雰囲気に自分も硬くなります。
これ、最近のブッキーでも同じ現象。
反応がピシッと返ってこないので、無意識にガチガチになる。
そのうちが待てないです。

すべてがフレッシュであること。

もたれてベタ~~とした口とか、低反発シートのようなお腹とか、、
そうしないためにメリハリのある扶助を。
そして古馬なので、仕事をさせましょう。

先生のアドバイスもあって、前回とは違う感覚で運動ができました。

走るのではなくて、動く、、

わかってはいるけど、走ってくれた方が楽だと思ってしまうところが
焦らすとか急がすとか言われるところです。
私にとってはどちらかといえば苦手なタイプですが、だからこそ教わることは
多いはずです。

どの馬にも同じクオリティで運動できるようになりたいです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乗りやすい | トップ | しらたきにはまる »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む