第24代主将

復活!




第41回全国高校選抜フェンシング大会

2017-03-20 23:46:27 | 活動報告
中京大学の監督としてはとても嬉しい大会でした。

第44代吹原麻美率いる岐阜各務野高校が女子サーブルで3位入賞を果たしました。

戦ってる吹原です。



これをみた我が家のボス二千花さんは「麻美ちゃんめっちゃ楽しそう!!」と言ってました。
中学の教員になって水泳部の顧問になりたいといってる二千花さんですが......この吹原の姿をみてああなりたい!!とは思ってくれんかな。

次男海太は「この子めっちゃ跳んでる!!!」でした。そこかい!?

そしてもう一つ、その事件は男女エペ・サーブルの選手紹介の時に起こりました。

選手紹介と言えば静寂の中観客も選手も監督も役員までもが緊張の中行います。



こんな感じで.........。
そんな中すたすたと歩き出した初老の方が見えました。



あーごめんねーーーよっこらしょっとって感じで




おいおい!!第25代三島巧ではありませんか?あのばーか!!ではありません。

彼が率いる羽島北高校男子サーブルと女子エペの2種目が決勝に残り(この2がキーポイントです)女子エペの列から男子サーブルの列に移動しているのです。すごい!!!とっても栄誉なことです。なかなかできませんというか高体連はじまって初です、間違いなく。

やっとよたよた歩いて男子サーブルの監督として紹介されていました。



そして先に女子エペが始まり男子サーブルは三島巧待ち!!立派になりはった!!この男。

エペは残念ながら2位に......その時中京監督でありながら対戦相手の名電父母である私。

「中京2位の呪縛巧にまでおよんでる?」と思ってしまった。申し訳ない。

案の定三島巧は中京2位の呪縛を払い切れず。2種目決勝いって2種目とも2位でした。



で息子の名電は優勝。

お疲れ!!今回はもうしわけない!

吹原・巧!!おめでとう数あるチームの中立派な指導でした。これからも中京大学フェンシング部の看板しょって活躍してください。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ制覇‼️家計圧迫第2弾 | トップ | 第41回全国高校選抜フェン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。