第24代主将

復活!




あるOGからの苦情

2017-06-13 13:40:00 | 活動報告

こんにちは。
お久しぶりです。
中京3人審判来てました。
1人2日続けて心が折れていました。しばし意識飛んでました。
そして、最終日にはOGに審判を押し付けて姿をくらましていました。

犯人はこいつです。




大学生にとってきつい練習よりなによりこの審判がいやなのは事実です。
私は大学1年の3月、名電高校で行われた全国高校選抜(フルーレ団体)で審判をやらされ.....。
もとい、やらせていただきチームカウント4-4のスコア4-4で!
微妙に勝っている方のアタックが3本も連続で取れず(もちろんその選手は私に1本ずつ詰め寄る始末。このころは高校生が大学生に詰め寄るなんて日常茶飯事でした。マスクは飛ぶ剣が飛ぶ!!普通でした。)
4回目勝っているであろう選手がまさかのパッセ!!!
嘘やろ??!!と思っているのもつかの間、その選手が私、目掛け殴りかかろうとしているではありませんか!!!!
そして先生や他の選手に止められていました。

時がたち、この選手が上の写真の部員を中京に送ってくれたんです。
その先生の人生を変えたかもしれない判定をやらかした私が今この学生に審判を教えています。

この先生、今は協会の偉い人になっているので実名は伏せますが、みんなわかるよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大府対中京大中京 | トップ | あるOGからの苦情に負けな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。