中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。毎日ここで昼飯を食べている中華街探偵が、ランチ情報とおすすめ情報をお伝えしていきます。

今年の初ウォーキング(瑞泉寺〜天園〜港南台)

2009年01月17日 | おいしい横浜

 今年最初のハイキングは、鎌倉から天園に登り、大丸山を経て港南台に下りるというコース。
 まだまだ初詣で混雑する町中を抜けて瑞泉寺へ向かう。
 冒頭の写真がハイキングコースの入り口。まるで、どこかの家に通じる路地のようなので、うっかりすると通り過ぎてしまう。

少し歩くと山道になる。

坂道もあれば、

急傾斜もある。

新田義貞軍に追われて敗走する北条氏の残党が、主君・高時の首を埋葬する場所を探していたときに、お地蔵さんが貝を吹き鳴らして山中に導いたという伝説があるらしい。

お地蔵さんから先、ハシゴのような道が続く。

天園に到着。こちらは日当たりが良くて、見晴らしも良い峠の茶屋。

こちらは日当たりが悪く、見晴らしのない茶屋。でも、こっちの方が缶ビールは50円安い。屋根の向こうから立ち昇る煙も感じがいい。

で、休憩はこっちに。焚き火が暖かい。

缶ビールを飲んだら、円海山方面へ向かう。こんな切通しが好きだなぁ。



シダが多い場所だ。こんなのを見るとコゴミとかゼンマイ、ワラビ刈りを思い出す。

陽の当たる平坦な道。のどかだ。

1月31日までは、大丸山に近づくことができなくなるようだ。でも、この日は工事前だったので、ぎりぎりセーフ。



大丸山入り口。ここからチョットだけ登りがある。



頂上からの眺め。晴天で最高。

ピラミッド状の所が八景島。

こんもりした野島。

千葉も丸見えだ。

そして待望のお昼ご飯。崎陽軒の季節限定「おべんとう 冬」と、高清水のワンカップ!

中は、こんなだ。コンビニのお弁当だと、最初から中身が丸見えだけど、駅弁はなぜ中身が見えないような包装になっているのか。その答えを最近のテレビ番組で知った。
 それはフタを開けたときの楽しみ、驚きのためだとか。

五目炊き込みご飯には小さな蟹肉が入っていた。上にド〜ンと載っているのは蟹ではなく、蟹風味のカマボコ。
おかずは、筍・里芋・人参・椎茸・レンコンなどの煮物。鶏の南蛮和え。赤魚の照り焼き。玉子焼き。マグロと白滝の炒め煮。大福。シウマイ2個。

シウマイのグリーンピースは、本体内部に隠されていた。

寝転がると青空にはこんな月が。糸屑のようなものも見えるが、これは私の飛蚊症。

枯れ木には葉っぱが2枚。どちらが「最後の一葉」になるのか。

榎木の晩婚…ではない、エノキの板根。こんな根っこは沖縄でよく見た。

別荘を建てたくなるような場所。

リスのお出迎え…

と思ったら、工事用の看板だった。

いっしんどう広場を抜けると、とうとう横浜が見えた。

鉄塔横から畑の中に降りる道がある。港南台方面への近道だ。

こんな畑の脇を抜けていくと、

港南台の団地群が見えてきた。

下山し、環状線を駅に向かって歩いていくと、こんな蕎麦屋があった。「味奈登庵」だ。

このあとの打ち上げに備えて、もり蕎麦を一枚だけたくし上げてから駅に向かった。


←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね

「ハマる横浜中華街」情報はコチラ⇒



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« NEW OPEN の「高華楼」でラン... | トップ | 昭和2年創業の和菓子「田中家」... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天園 (emichi)
2009-01-17 19:50:21
あたしもたまに港南台〜天園〜鎌倉に行きますヨ!
結構歩くし、山道は空気がいいから
健康的ですよね!
「味奈登庵」は初めてですか?
あたしもブログに書いたことありますが
いつも混んでますね。安いからかな。
富士山盛りという盛りそばが有名みたいです。
蕎麦 (管理人 酔華)
2009-01-18 05:23:31
◇emichiさん
鎌倉から入る逆コースもいいですよ。
関内周辺の「味奈登庵」はよく入りますが、
ここは初めて。
同じ「味奈登庵」でも、システムが違うのを知りました。
Unknown (seikoMTD)
2009-01-19 21:05:30
ここの味奈登庵では、大盛、富士山盛と、値段が高くなりますね。

昨年末、ここのハイキングコースで一悶着あり、現在ブログを休止してしまっています。
seikoMTD様 (管理人 酔華)
2009-01-20 05:48:28
最近、貴殿のブログ更新がないと思っていたら…
お休みでしたか。

再開を楽しみにしております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。