中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

開港記念会館の会議室が期間限定でカフェに

2017年07月07日 | おいしい横浜

 開港記念会館が建てられて、今年で100年!!

 それをお祝いするため、2階の会議室を使って期間限定のカフェが開設されています。

 ここ6号会議室は普段、大きな会議とか講習会に使われているので、入ったことがある方も多いのではないでしょうか。
 大正レトロで、なかなかいい感じの部屋です。


 週末はビールが呑めるビヤホールに!
 ツマミは美濃屋のあられ。角打ちではないので、缶詰や魚肉ソーセージはありません。


 提供されているビールは、地元の「横浜ビール」です。開港150周年のときに、サムライビールを造った会社ですね。


 パン類は「ありあけ」のもの。
 カスクルートとは、フランス語で「簡単な食事」という意味だそうです。フランスパンのサンドイッチで、中に入っているのは大きなソーセージとビーフなんちゃら。

 昨日、これを購入して帰り、レタスやトマトを追加して夕食にしたのですが、写真を撮り忘れた……
 美味しかったです。


 「美濃屋」の胡麻担担味あられ。
 中華街がある町のあられということで開発したのでしょうか。味は胡麻と担担の味……
 私はビア柿の方が好きです。


 テーブルの上には大正6年(1917年)7月1日の新聞記事や食堂の写真、平面図などが置かれていて、読みごたえ、見ごたえあり!
 当時はこんな食堂だったんですねぇ。


 それで、壁面の上にはこんなレリーフがあるんだぁ。
 魚やエビが描かれています。納得。


 こちらは果物と野菜。
 中華街の市場通りを思い出しました。市場通り門にもいろいろな食材が描かれているのです。


 開港記念会館は関東大震災で被害を受けましたが、躯体は倒壊することもなく、昭和2年に修復され再開しました。
 そのとき、食堂を運営したのはホテル・ニューグランドでした。

 よく分からないのが大正時代の食堂運営者。どこが請け負っていたのでしょうかねぇ…


 参考:「サンケイリビング」の記事

 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね





『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「天龍菜館」にてビール付き... | トップ | 「一楽」にてランチをシェア »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あ、 (小径のヌシ(^-^))
2017-07-08 05:23:27
今日の神奈川新聞に載っていました~ (^▽^)
Unknown (管理人)
2017-07-08 06:59:27
>小径のヌシさん
期間限定ではなく常設にしてほしいです。
さらに地下に居酒屋を!
横浜ビール (南区の方)
2017-07-09 21:36:10
昨年くらいから横浜スタジアムでベイスターズビールと銘打った🍺が販売されていますが、このメーカーのビールなんでしょうかねぇ?売り子のお姉さんに聞いても今ひとつ分からないもので、・・・
ベイスターズビール (管理人)
2017-07-11 05:36:37
>南区の方さん
これは横浜ビールの製造ではありませんね。
茨木県にある会社のようですが、
なぜ、横浜の会社にしなかったのか…疑問。

コメントを投稿

おいしい横浜」カテゴリの最新記事