中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

「聘珍茶寮」にて肉味噌麺を持ち上げる

2017年06月17日 | 中華街(大通り)

 「聘珍茶寮」で平日ランチの新メニューが出ている。肉味噌麺と肉味噌ご飯だ。どちらも500円(税別)。

 ご飯はちょっと重い感じがしたので、この日は麺を選択した。出てきたのがこれ。
 相変わらずオシャレなお皿に盛られている。セットには箸だけではなくレンゲも。汁無しなのにレンゲ?
 と思ったが、すぐにその意味が分かった。

 こういう料理の場合、箸で持ち上げると麺と肉そぼろが分離しやすいんだよね。
 そこでレンゲの必要性が出てくるわけだ。
 レンゲで肉味噌をすくい、そこに麺を合わせて啜れば、口中はほどよい状態になる。

 モチモチ感のある麺には独特なタレが絡めてあるので、それだけも十分美味しいのだが、そこに肉味噌が加わるのだからさらに旨みが増すのは当然だ。

 ただ難点は……
 


 麺リフト!

 ちょっと気を抜いてたくし上げると、こんな状態に。
 「共謀罪」で全員が逮捕されたような感じだ。

 ここは4,5本摘まんで引き出せば、ちょうど良い分量の麺をたくし上げることができる。
 慎重にいきたいね。


 さて、旨い麺をたべたあとは、中華街とその周辺のパトロールだ。 


 「華勝楼」跡。またもや手相占だ。


 「よく当たります」と声を掛けているおばさんは、各店かけ持ちなのかな。
 ここにいない時は、他の店にいるようだ。
 それにしても「よく当たる」って、どうやって結果を知るんだろうか。


 看板の規制はどうなっているんだろうか。
 

 媽祖小路の「愛香楼」にこんなポスターが出ていた。
 おもしろそうだな、予定が重ならなければ行ってみっか。 


 ここには「ファミリーマート」があった。そこが閉店したあとしばらく空いていたのだが、今度は「まいばすけっと」が入っていた。
 

 南門シルクロードにあった「ハチョン」が閉店。やっぱりね…という感じ。


 太平道にあった「ゆめ猫」も閉店。こちらは場所がいまいちだったからね…


 最後は石川町駅高架下の寿司屋。
 こっちも閉店したのかと思ったら、仮移転だそうだ。


 どうやら高架下の耐震補強工事をやっているみたいだ。
 ここはひとまず安心した。

 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね





『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近の横浜中華街から | トップ | 品の悪い言葉 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
聘珍茶寮 (ぶらくり佐藤)
2017-06-18 09:40:50
金曜帯の昼過ぎに中華街へ入りました。
この肉味噌麺、知っていれば食べたかったです。
一応 (管理人)
2017-06-18 19:39:43
>ぶらくり佐藤さん
中華街に入ったら、ここを見ておく必要があります。
なにか新しいモノが出ていたりしますので。

コメントを投稿

中華街(大通り)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。