中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

最近の横浜中華街から

2017年06月15日 | 中華街いろいろ

 先ごろ、長安道にオープンした伊豆半島のアンテナショップ「美・伊豆」。お客さんの入りはどうなんでしょうか。ときどき私は店の前を通りますが、伊豆の物産売り場には少しずつ人が入るようになってきたのかな。

 ここは2階がレストランになっているのですが、コチラの方はあまり気がつかれていないのかもしれませんね。


 最近、待望の定食が登場しました。
 どんな内容なのか、サンプルが出ていないので不明ですが、ちょっと期待しちゃおうかな。近々、行ってみようと思っています。


 生ビールで定食を食う、というのもいいかな。


 八百屋さんが撤退してたマンションの1階。不動産屋の情報を見て借主が決まったことは分かりましたが、いよいよ内装工事がはじまったようです。


 店の前に、例のものが造られています。焼き小籠包とか肉まんを売るスペースでしょうか。
 ここは場所的にかなり厳しいので、どうなりますか。


 媽祖小路の先に「横浜コーヒースタンド」というショップがオープンしました。
 ここも立地的には大変だと思いますが、目の前は繁盛している焼き鳥「友酒家」がありますので、これに続けば……


 関帝廟通りにあった古い民家を活用した「横濱猫」とカメラ屋の跡。


 暑くなる季節に登場する噴霧器。冷たそうな霧が降り注いでいます。
 でも、この下で小籠包などを立ち食いするのはどうかなぁ…
 カップの中に……


 おばちゃんが亡くなって久しい「江南」。相変わらず看板が傾いたままです。
 その向こうを見ると、屋上の上にプレハブが……


 「華正楼」の駐車場内に入り込んで、小籠包を食べる人々。
 嗚呼……


 ここには古いけど趣のある建物がありました。それが解体され駐車場に。


 大きなヒマラヤスギも伐採かぁ……


 この路地から開港道に出たところにあった手相占いが消えていました。


 香港路にあった「順海閣酒家」跡。
 ショーウィンドーに何か貼られています。


 求人案内でした。
 「高薪」とは「高給で」という意味のようです。ここに四川料理店をオープンさせるのでしょうかね。


 店主が体調を壊してしばらく休業していた日本料理の「神田」。
 再開したようですが……


 昼どきのランチはやめてしまったようです。残念。


 最後に、これは中華街ではありませんが、近くの石川町で見かけたもの。


 ここはかつて「元町まぐろ」があった場所。
 

 それが撤退して「右岸」というワインバーがオープンしていました。
 この時はまだ開店前の時間だったのですが、準備中のオネエサンに聞くと、「堀川の右岸にあるからこのような名前を付けた」と仰っていました。
 右岸というのは川の上流から下流に向かって右側の岸をいいます。たしかにここは右岸です。
 そこで思い出したのが……


 こちら。日本酒バーの「サガン」。
 「右岸」のすぐ近くにあります。でもその場所は同じく右岸。
 店名は店主が好きなフランソワーズ・サガンに由来しているそうです。

 そして「右岸」と「サガン」は同系列のお店ということも判明しました。
 
 ということで中華街+石川町の散歩を終わります。
 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね





『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中華街の路上で眠る人 | トップ | 「聘珍茶寮」にて肉味噌麺を... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (KATY)
2017-06-23 13:53:24
最近また中華街に年何回かいくようになり、
参考にしています。
地元愛知の中華料理を、このブログみながら
食べるという、倒錯した生活です。(笑)
頑張ってブログ続けてください。応援してまーす!
ありがとうございます (管理人)
2017-06-23 21:17:33
>KATYさん
名古屋にはときどき行くのですが、
中華料理はほとんど食べたことがありません。
もっぱら、友人が連れて行ってくれる居酒屋です。
しばらく行っていないので、今年は食べに行きたいなぁ。

コメントを投稿

中華街いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。