中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

編集会議のあとは中華街で会食

2017年03月21日 | 中華街(上海路)

 毎月1回、山下町の事務所で行っている町探検本の編集会議が終わるのは、だいたい午後6時半ころなる。
 しかし、これで「お疲れさま、また次回ね」といって別れることはほとんどない。
 中華街が近いので「どこか変ったところを案内してね」と言われるのだ。
 これまで「美楽一杯」、「東北人家」、「南粤美食」などにお連れしてきたが、さて今回はどうしようかなと迷いながら歩いているとき、思い出したのが「桃源邨」だった。(冒頭の写真・撮影は2012年のも)
 小さな店だが幸い先客は2組だけだったので最後のテーブルに着席することができた。


 まずは豚の耳。
 コリコリとした食感でアゴの運動にはちょうど良いかも。長葱との相性もいいね。


 春巻き。
 熱いうちにいただきたいのだが、話がなかなか止まらず、ちょっと冷めてしまった……。


 皮蛋(ピータン)。断面が美しいね。


 油条。中国式の細長い揚げパンみたいなもの。
 普通はお粥の中に投入したりして食べるのだが、この日は酒のツマミとしてそのまま齧っていただいた。


 参考までにこんな食べ方もある。(2011年12月撮影)
 ツーファンという中国版おにぎりだが…


 その中に油条とザーサイが入ってる。
 おにぎりの中にパンを詰めたような感じだが、これが意外に美味しいのよね。


 豆苗の炒め。
 このタレというか、ツユが美味しい♪


 そして麻婆豆腐。
 ここのは初めて食べたが旨いね。
 〆のチャーハンにぶっかけて食べれば良かったと思う。しかし、もうこの時点でみんな腹いっぱいだったので、そんな無謀なことはしなかったが……。
 

 というわけでこの日の会食を終えたわけだが、それにしても「桃源邨」は不思議な店である。
 この写真は先日の連休中に撮ったもの。大通りは歩くのが困難なほど混み合っていたのに、こちらでは昼を過ぎたころでも「準備中」の札が掛けられていた。
 ぶれない店である。


 一方、こちらはというと……。
 最近は黒板がお店の真ん中に置かれていることがよくある。これにはメニューが書いてあるワケではなく、「○○様」とか「貸切」と表示されているのだ。
 この日もどこかの宴会が入っていたようだ。もしかしたらコチラだったのかな

 

←素晴らしき横浜中華街にクリックしてね





『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三塔の食堂(キング編) | トップ | 国有地売却 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
粥底火鍋 (陸羽)
2017-03-22 00:17:25
上海風天むす・粢飯團美味しいよね。桃源邨にあると知ったときは嬉しかった。しかし、桃源邨は、10年くらいご無沙汰しているなあ。こんなご時世に頑張っている個人店は応援したいよね。再訪しなくっちゃなあ。

ところで、南粤美食は三連休の中日なら私の宴会です。このときは、粥底火鍋というスープが粥の火鍋をだしてもらいました。暑い季節には向かないかもしれませんが、人数が揃うような予約宴会のときは是非お試しください。
桃源邨 (ぶらくり佐藤)
2017-03-22 04:15:55
こちらは随分と永くのご部沙汰です。
料理が美味しくて、甕出し紹興酒が美味しくて、かなり酩酊したのがいつのことやら。
懐かしいから、また行きたいです。
宴会 (管理人)
2017-03-22 06:19:08
>陸羽さん
食べ放題や小籠包、手相占いばかりが目立つ街になってしまった中で、
「桃源邨」はよく頑張っていると思います。

粥底火鍋は美味しかったんでしょうね。
宴会をやってみたいと思いました。
 (管理人)
2017-03-22 06:20:32
>ぶらくり佐藤さん
ここの甕出し紹興酒は美味しいですよね。
私も呑み過ぎて酩酊してしまった経験があります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。