青島留学老人日本生活記

留学後日本の生活記

活動

2017年05月16日 | 活動

13日 硯友会総会に参加してきました

硯友会とは門司中、門司東,門司高校同窓会の名称です、時代と共に校名が変

わって来ました。門司の人口減少により十数年前門司高校と門司北高が統合

され門司学園が新設となり、その際中等部が併設され中高一貫校が新設され

新たに同窓会が新設されたので

会員の参入は十数年なくなり会員は高齢化するばかりです。

そんな現状の中で 卒業生400名が参加し卒業年度ごとにテーブルに座り

会場は同窓会の状態です。

会場はリーガロイヤルホテル小倉:

1部;総会(役員の選出、事務報告、会計報告、予算案の承認)など

2部;懇親会(来賓の挨拶、懇談、抽選会)など

17;00時解散

 

39回生は門司に場所を移して2次回を開催する。

皆さんカラオケが上手です!

次回の開催を期待して帰路に就く。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観光ボランティア | トップ | 観光ボランティア勉強会 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぜ)
2017-05-21 20:32:33
四百、ですか、すごいですねぇ。わたしなんぞ、日増しに出不精、世間知らずになっていくのですが、コウヤッテ一堂に会するってのは大したエネルギ

一体、その推進力、動機はなにでしょう。
ぜ様 (青島老人)
2017-05-22 08:47:47
幹事は卒業年度の一桁の同じ数字が担当になり卒業年度の威信をかけて執り行います。
例えば29,39,49、年度など当然当番幹事の年度会員の参加も増えます、今回は6でしたが、引き継いだ7年組は燃えてると思います、私は39回生ですが参加人数は35名前後で参加率は
高い方です。
事件も人生も記憶のなかだけで永遠になるのですよ、ね。 (ぜ)
2017-05-26 00:31:53
そうですか。

素晴らしいお話です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む