中国美術工芸家具   玉座 紫檀 螺鈿 象嵌 清朝末期 広州 台湾 香港 衝立 筆筒 百寿杖 シノワズリ 湯島聖堂 

オ-ナ-が中国入りした当時は、中国建国(1949)まもない混乱期で、清朝末期の崇高な工芸品が市中に溢れていました。

細部をご堪能ください! 海水群龍躍舞吉祥衝立 5爪か?

2016年10月31日 | 中国家具
 紫檀に刻された激しい海流に躍舞する玉龍の群れ、稀有な彫刻技である。

 清朝末期 紫檀玉象嵌製




230X140




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上海→高松 | トップ | 【提案】 「客寄せパンダ」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国家具」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL