導かれる日々

いい母、妻、いいナース。全部背負ってたら腰痛で倒れた。
その後の変化を記した2012年から始めたブログですが・・

歓喜の軌道へ

2017-07-13 18:50:50 | スピリチュアル
おもいっきりシャッキリ



おもいっきりだらりーん



どちらも満喫できるようになっていて

びっくりした今日でした。


ただ、ただゆっくり過ごすだけで


そこはかとなく湧いてくる

慣れ親しんだ罪悪感も

ただただその姿をしかとみて

流れ行くままに見送る感じです。






手放すわい!も抱きしめてあげるね、もない。

どこにいてもいいんだよ、って感じ。

あとは出てきた罪悪感に任せます。



1日で遂行した結果のボリュームも

生産性ゼロにみえる1日も


人生のなかの

大切な大切な1ピースなんですよね。


そこからどれだけ満足を受けとれるか。


自分の内側に

ギュッと意識を引き寄せてあげて

そこから眺めてみて。


強い圧で放たれる水が

詰まったホースに流れたら

ホースにかなりの負担をかけながら

その流れの勢いもかなり弱まるでしょう。


運ぶ、って書いて、運なんですね。

命のながれにのって

運が運ばれてくるとしたら、


あらゆる筒を

お掃除して、クリアにして、

その創造性ゆたかな命輝くエネルギーが

ただ勢いそのままに筒を満たし流れるようになったなら

どうなっちゃうんだろう(//∇//)



勢いよく溢れ、自らを包み、

さらに流れて行き

みたことのない風景があちこちに現れることになります。



その風景は

ひとことでいうと

歓喜。


歓喜のなかにあなたがいて

あなたから

歓喜が溢れ出す。


その軌道に、すでに入っています。


いつものように、

クリック遠隔ヒーリングの内容は

なんとなく降りたものにしたのだけど、

わたし自身、とても恩恵を受けている。


これも流れなのだとしたら、

本当にありがたいですよね。


そしてそして

ご縁あってこれを分かち合えるかたがいらっしゃることが

とっても嬉しいのです。



そうそう

来週末に

京都に行きます。


3年前

京都でワークショップとセッションを

させていただいたときと

同じ時期です。


同じ場所をなぞる旅になりそうで

そこにむけての

一連の流れ感がハンパなくきています。


インフィニティ∞の真ん中

六芒星の真ん中


歓喜の生まれる場所…


三年前の京都を起点に

さらにその前後三年が

キレイにハマったように思えてならない。


ここまで書いてから

そのまま

眠ってしまいました。


朝方の

起き抜けの夢のなか

わたしは美しい森を歩いていました。

とてもとても澄んだ美しい河が流れていて

一気にテンションが上がって

なぜかまた英語で

川近くの家の人とその景色の美しさについて語っていました。


清々しかったー。


澄んだながれと歓喜って

こんな感じなんだなあと見せてもらった感じ。


家のお掃除や断捨離もほぼ完了し

潜在意識もクリアになってきたのかもしれません。


ただ、その澄んだ勢いのよいながれを眺めているだけで

夢のなかのわたしは幸せでした。





森、川、滝が大好きな訳が

また少しわかったような気がする。






シャキシャキ!も

だらりーんも

ああ、いい時間を過ごせたなあって思えて

ゆるんで、リラックスして

活力が湧くのを感じています。


そして、ぐっと内側にいったん引き寄せた

自分の意識を

少し外側に向けて

わいた活力を世界に放っていく。


毎日の

なにげない暮らしも

その繰り返しだと思うのです。


まっすぐ受け取り

まっすぐ放とう。


筒をクリアにして

気持ちよく生きる感覚に満たされよう。




SARA


 

………


7月にはいりました!

クリックしていただくと



8月8日までの「あらゆる筒(肉体、エネルギー体)をクリアにし恩寵の流れを太く濃く受け取るサポート」

のエネルギーが流れます。




よろしければお試しを^^



人気ブログランキング へ

クリック遠隔ヒーリングのご感想は
こちら

…………









 


 


 


 


 


 


 





































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満月からうけとったこと | トップ | 好きこそものの上手なれー! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL