導かれる日々

いい母、妻、いいナース。全部背負ってたら腰痛で倒れた。
その後の変化を記した2012年から始めたブログですが・・

六芒星の真ん中で(2014.8月) ①

2017-08-09 13:45:47 | スピリチュアル
3年前の京都で私に起こった出来事と、気づいたこと。

六芒星から∞へ

を読んでいたら

六芒星を体験したあの感じを、

2014年8月1日から18日にかけて掲載した記事をまた読みたくなりました。

このタイミングで
まとめて
こちらでまたアップしてみますね。


ほんとに

5年分の記事をパズルにしたみたいでワクワクして来ましたよ…!



………



京都でのワークショップ、個人セッションを終えた私は、


下鴨神社のみたらし祭で、冷たい御手洗川をざぶざぶ歩き、


心身禊いですっきりしたあと

参加者の皆さんと川床で夕食を取りました。


前日まで38度越の酷暑だった京都の街。


たまたま今回の滞在中はちょうど過ごしやすい気温で、


日中、さわやかな風に吹かれながら鴨川を散策もできたりして、

今までに過ごしたことのない、涼やかな京都の夏をわたしは満喫しました。



夜も、とにかくゆっくり眠りました。

さあ、明日は東京に帰る日という夜。
14:30には家に到着している予定なので、
それまでどうやって過ごそうかなあ・・・


まあ、明日の気分で決めよう。

いつもの通り、私は明日の朝の直感にすべてを任せて眠りについたのでした。


翌朝4:30くらいだったと思います。


ぐっすり眠ったわたしは、ベッドのなかでパッチリと目を覚ましました。


さて。


「これからどうしよう。わたし、どうしたい?」

もう少し眠るもよし。もう出かけてしまってもよし。

いつもそうするように

朝の私への問いかけをぼんやりしてみたら


「下鴨神社にもう一回いきたいな。」


そうすぐに感じて早速身支度を始めました。



4月の名古屋の時もそうだったんだけれども、ワークショップの後で夕方参拝した神社に、また早朝参拝したくなったのです。


名古屋のときは、熱田神宮。


今回は下鴨神社(賀茂御祖神社)。


ここは、名古屋に行った後ぐらいから気になり始めた神社です。

かといって、すぐに調べたりするわけでも、積極的に出かける準備をしたわけでもなく。


とにかく京都でも最古の部類に入る神社、ということだけでなんとなく惹かれていたのでした。


京都の街中の神社やお寺は、修学旅行とか、友達との旅とかで一通り見に行ったつもりでいましたが、

この下鴨神社と鞍馬山、貴船神社がまだだったんだよなあ・・


しかも、下鴨神社のみたらし祭はその日までで、早朝は5:30からあの御手洗池をまた歩ける!


昨日はじめて体験して、その水の感触といい、水温といい、

私のエネルギーがどんどん澄んでいく感覚に

病みつきになるくらいハマッたわたし。



「またあの水を感じたい!!しかも朝は、なおさらクリアなんだろうなあ・・・

糺の森の朝もきっと気持ちいいに違いない!!」



いざ、下鴨神社!!

いそいそと準備をし始め、

5:00過ぎにホテルをチェックアウト(早!)、タクシーに飛び乗って


下鴨神社に5:30には到着していたのでした。




早朝、人もまばらな下鴨神社の御手洗池で

ゆっくり足をつけて禊ぎ、心身の浄化を完了させたわたし。


ゆったりと、そして清々しい気分で御手洗からあがりました。



朝日が木々の間からこぼれて水面に反射し、だんだんと眩しくなってきています。


気温もほんのり上がりはじめて。



時計を見るとまだ6時前。



「さて、これからどうしようかな・・」



足を拭きながらのんびりしていると

目の前に見覚えのある姿が!!



あ、Sさんだ~!!


Sさんは、私を京都に招いてくれたかたです。

「さらさんに会いたいです。ワークショップに来てくれませんか?」


そんなメールから決まった今回の京都行き。


彼女との最初の出会いも偶然が偶然を呼ぶようなかたちでした。




静々と早朝の御手洗を歩いてくる彼女は

とてもきれい。


この早朝に、彼女に会えるとも思っていなかったので

かなり驚きつつもわたし、笑ってしまいました。



御手洗からあがってきたSさんは、

「なんだか目が覚めちゃったから来ました。」

と笑っていました。



「いっしょいっしょ。」


わたしも、笑っていました。




その後ゆっくり足を拭いて


ご神水をいただき(朝のからだにこれまたしみた・・・)。



瀬織津姫命にご挨拶をして、

糺の森をSさんとふたり、歩きます。


昨日気づかなかった旧祭祀場跡なる場所を発見し、


そこのまえに立つと、


神託を下ろす巫女の姿や、

祭礼のものものしい雰囲気をかんじました。





時代は、かな~り古い印象。

その感覚をSさんとシェアしていたら

突然ですね・・



あた~らしいあさがきた  

希望の朝~だっ


おなじみの

ラジオ体操の歌が聞こえて

(いい歌なんだなこれが)、


日本の夏だねえなんていいながら

一緒にそこで、歌いました。




糺の森で、

ラジオ体操が行われているようで、たくさんの老若男女が集っています。


旧祭祀場跡まで

森の木々の合間をぬって聞こえてくる音をたよりに、


私たち二人もおもむろに旧祭祀場跡で(笑)、体操を始めました。


朝日が射し込む、すがすがしい森のなかで

ポジティブな歌詞満載の歌を歌って

体操でも胸(ハート)を開いて。



体全部をしっかりのばして、ほんと~~うに気持ちよかった!!


このラジオ体操がのちのち

わたしにとって大きな意味をもたらすことに、


そのときの私は気づいていませんでした・・・


<続く・・>




…………



クリックしていただくと



「絶大なる恩寵を受け取り続けながらくつろぐサポート」

のエネルギーが流れます。


よろしければお試しを^^↓









クリック遠隔ヒーリングのご感想は
こちら

…………







 


 


 


 


 


 


 




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六芒星から∞へ | トップ | 六芒星の真ん中で(2014.8月) ② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL