導かれる日々~看護師→腰痛→ホリスティックヒーラーへ~

いい母、妻、社会人。全部背負ってたら腰痛で倒れた!そこから始まった変化。ブログタイトル戻しました。(少し変えてますがー)

ひとりずもう千秋楽と愛の源泉への旅

2017-05-14 14:05:14 | スピリチュアル
お久しぶりのブログです(^^)

何から書けばいいやらな期間でした。

満月も間に入り

むちゅうですごしているうちに

1日が終わる感じ。


自分のルーツとか

血、とか

どうにもならないことに思えることへの怒りや悲しみとかが、溢れ出て

それをもまるっとうけいれたからこその

じわじわくるあったかいものであたたまったりして。




とはいえ、まあ

普通に生活しているのですけども

その生活のなかで

たくさんの出会いのなかで

いろんなきっかけで自分を愛するきっかけをいただいているのでした。



「どうしたらいい?

期待される結果出せなくてごめんね

わたし、いてもいいですか。」



そんな自分の内なるちいさなこえがきこえたときに


「ばかたれ、いいに決まってる!

何にも期待してないからすきにしなさいよー。

自分を大切にして

楽しく嬉しく過ごしてくれたらわたしも嬉しいんだよー。

喜怒哀楽は四季と一緒、自然と一緒。

そんなふうに感じるのもありあり!

いてくれたら嬉しいよ。しあわせだよ。どんなあなたも大好きだよー(*≧∀≦*)」


ってシャワーのようにかんぱついれずに降ってきた。


うまれてこのかたハートが開いているのがデフォルトだったから

傷ついたらその都度ダメージデカくて

開くのが怖くなって


ハート開くのが怖いよ、ってぼやいていた時期も長かった。


時間はかかったけど


傷つくのを決めたのも自分で

傷つけたのも自分のなかの一部分で

さらにそれを感じないようにしたのも自分だったのがわかって。


あら

独り相撲もいいところだわ。

ひとりずもういい場所千秋楽的な気分になり。


そうしたら自分を責めるどころか

なんか楽になって、そんな自分すら愛おしく感じられた。


じつはこれを書きながら、一年前に亡くなった祖母のあったかいエネルギーを感じています。


「しあわせでいなさいね」っていう。
ほんと、あったかいなあ(*´ー`*)


たとえ慣れ親しんでいても


不信と過信をいったりきたりしながら

努力で穴を埋める

しかも結果次第で穴が開く

穴を感じないように別のもので埋める


穴なんてないと声を大にする


そんな生き方は疲れちゃうからね

慣れていても惜しくても手放していい。


自分の存在丸ごと信じてあげて

真ん中に信頼を。



わたしはこうなんです、をまるごと受け入れてあげるところから

全てが始まるんだなあとあらためて感じています。


わたしはこうなんです、の棚卸にいい時期だなあとも(^^)。


あたらしい出会いに

あたたかな環境に

ほんと感謝は尽きないです。



ハートを開くことは、

対他の人だけでなくて

自分のなかから吹き出す感情にオープンであること


それを受け入れるのは、

動くチカラがデカければデカイほど怖いものです。


痛くなる前に飛んでけー!

っていうのも

回り回って愛だから

いいもわるいもないわけですが

根底にある愛の源泉にいったんつながれば

そのあたたかさにつつまれて

ゆっくり自然にほぐれていくのです。


そんな湯治的セッションを提供できたらいいなと思っています。

自分のうちなる自然治癒力を

愛し愛される力を

思い出す掛け流しのやさしさの源泉に共に触れにいく旅


新緑の時期の旅はまた格別です。


楽しみましょうね(^^)





SARA




………


クリックしていただくと

「生きるを最大限に楽しむ生命力活性化エネルギー」

が流れます(*^^*)↓

今年に入ってながれる量、質ともにパワフルになってる!よろしければお試しを。

人気ブログランキング へ

クリック遠隔ヒーリングのご感想は
こちら

…………




ご提供中のメニュー


個人セッション(都内対面、Skype、電話)

フルオーダーセッション
(くわしくはこちら)



愛∞統合セッション
(くわしくはこちら)




*日程はご相談の上決定。ご希望をおしらせくださいませ。





……………

ご感想はこちら

……………


































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メンテナンス、大事! | トップ | わたしはこうなんです、をど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL