光るおとこ

マキノの山小屋日、宮津トレーラー―ハウス
オーディオなど徒然なるままに。

6連奏CDプレーヤーシリーズにモンスターが!

2016-10-28 19:42:01 | オーディオ
先日、ヤフオクで発見しました。
パイオニア6連奏CDプレーヤシリーズの怪物!!
18連奏~~~~~!
なんと、6連奏マガジンを3個装填。6CD☓3マガジン=18CD
こんなんあるって知らんかった。

早速、入札して、1500円で落札。競争なしでした。
それがこれ、PD-V30M


どうです。
分かりやすいように3色の色違いマガジンを装てんしてみました。
いいでしょ!18時間ぶっとうしで音楽を再生可能でっせ。
実は、こうなるまでにちょっと苦労が・・・・

ヤフオク!出品時には、電源確認だけのジャンク扱い
ちゃんと動くかは試してみないとわかりません。

到着して開梱してみるとマガジンを装てんしたままの状態
ところが一番下のマガジンがとびだした状態で何度押し込んでも
すぐに飛び出してきます。
通常はカチッと音がしてとびだすことはないのに。
ヤフオク出品時の写真では3段目も装填できていました。
おやおや、マガジンを装てんしたまま送ってきたので
何処か壊れたんですね~。
上2段のマガジン装填は正常。
でも~。CDを認識しません。
そうです。これは九分九厘レンズ脱落です。
本体をゆすってみると中でカランカランと音がします。
レンズっぽい。

さて、ドライバーでネジを8本外して蓋を取り中を見ます。

おお~!
3つのマガジンを1つのピックアップで再生するんですね~。
赤〇のところの裏にレンズが付いているはずです。

直径3~5mmほどのプラスティックレンズですが一般のCDプレーヤと違って
逆さに付いているため、レンズを固定している接着剤が経年劣化で脱落するんです。
ピックアップ部分は4本のネジを外すと外れ、裏返すことが出来ます。
裏返してみると、やはり、レンズがありません。
躯体の中に外れたレンズが残っていればいいのですが。
レンズ捜索は後回しにして
下段のマガジン装填不良の原因を探ります。
上の写真の青〇の部分にマガジンを装填位置で固定する部品が2個見えます。
白い部品です。
一番下だけそれがありません。
運送途中で負荷がかかったのかポッキリ折れてしまってるようです。
たぶんこれは間違いなく躯体の中に落ちているはずです。
さっきカランカランと音がしたのはこの部品の欠片かな?
ピックアップを元に戻し蓋を開けた状態で左右に優しく
傾けてみると白い欠片が出てきました。
折れた部品の先端部分です。
これが、マガジンの窪んだ部分にはまり込み装填時にロックがかかり
マガジンがとびださないようにしています。
ちょうどロックするのに必要な巻バネのテンションがかかるところで折れています。
そこはくびれになっていて折れやすい構造の様です。
後はレンズがどこかに・・・・
基板の隙間によくはまり込むので今度は強めに左右に傾けます。
出てきません。
では、ひっくり返しましょう。
出てきました。ポロット床に落ちてきました。
レンズをいつものように瞬間接着剤で元の位置に固定します。
レンズを汚さないように細心の注意が必要です。
CDをセットしたマガジンを一番上へ装填して再生してみます。
見事に再生できました。
音飛びも無し。
中を開けた時に思った印象ですが基板も結構きれいだし
トランスも焦げたような跡もなし。
あまり使いこんでいない印象です。
ピックアップを載せているゴムの足も劣化が少ないようです。
これは、いい買い物をしました。
あとは、最下段のマガジンロックパーツを何とかしなければ。
瞬間接着剤を塗りたくりで何とかひっつけることに。
ちょっと苦労しましたがうまくくっつきました。
カチンカチンに固まるまで丸2日は乾燥させます。

・・・・

2日経ちました。
カチンカチンです。
これで大丈夫なはずです。
マガジンを3個 上、中、下へ装填。
修理した部品も上手く作用し下のマガジンんもしっかり装填!・・・?
ダメです。マガジンを認識してくれません。
イジェクトボタンを押しても反応なし。なんで?
それが変なんです。
数個のマガジンを試してみたところ
ちゃんと認識するものがあればしないものもあり。
不思議です。
くっつけたパーツのせいかな?
小一時間ほど悩みましたが解決しました。
マガジンの認識回路が修理したパーツの折れた反対側の奥の方にあるのですが
その部分を少し指で押してみたところマガジンを認識します。
見えないですが基盤の裏側にマイクロスイッチがあり
破損パーツとの遊びが微妙に変わってしまったようです。
認識基板は上下2本のビスで固定されています。
一番下のスイッチ部分を押すと反応するということは
その部分が少し浮いているということ。
逆に考えると上のほうが沈んでいるということです。
ためしに、上の固定ビスを少し緩めてみます。
そして、下のビスを少し増し締めします。
ジャジャ~ン!
大正解!
全てのマガジンを問題なく認識するようになりました。
8本のネジで蓋を閉め。修理完了。
完璧に復活です。







『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜はクラシックコンサート... | トップ | トレーラーハウス日記 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL