菊川から、こんにちは

静岡県菊川市からネイチャーフォトを中心にお届けします。
写真・スポーツ自転車・ハイキングなどを楽しんでいます。

浦川歌舞伎 第四幕 奥州安達原 袖萩祭文

2016-10-13 | イベント観たよ

 (昨日のつづき)

 

浦川歌舞伎のイヨイヨ最終幕です。

この時、外では大粒の雨。激しい雨音が聞こえていました。

傘は車に置いたまま・・・ちょっぴり帰りを心配しながら第四幕鑑賞となりました。

 

 

 

例により開演前には【あらすじ】の説明がありました。

↑ 盲目の乞食女は、10年前16歳の時に浪人と駆け落ちした袖萩

 

 

 

↑ 父の謙杖は、この日切腹を命ぜられている。

 袖萩は父にこれまでの不幸を詫びる祭文を語る。

 

 

袖萩は乞食であるが、妙に色っぽい。

 

 

鶴殺しの宗任が現れ、袖萩に雨一族の的謙杖を殺すようにすすめる。

 

 

桂中納言の化けていた安倍貞任 ↑ 

 

 

叔父である八幡太郎が、桂中納言は安倍貞任であることを見破る。(↑・↓)

 

 

中々、語りや動きが様になっている。

 

 

結局、袖萩は自害、父の謙杖は切腹。

そして、八幡太郎義家(源氏)と安倍貞任(平家)は、戦場での再会を約束して別れる・・・

 

 

そこで第四幕も幕引でした。

 

 

第四幕のオールキャストと関係者・裏方さんがそろい踏み。

 

 

最後に、浦川歌舞伎保存会の廣野会長がお礼の挨拶がありました。(↑)

見事でした。私も大きな感謝の拍手をお送りしました。 (*´∀`*)

 

資料によれば・・・

浦川歌舞伎は、1858年浦川で公演中に病死した江戸の名歌舞伎役者・尾上栄三郎を

しのぶ目的ではじまり、住民らによって長年受け継がれできた。

保存会が結成された1989年以降、毎年定期公演を行い今回が28回目でした。

 

(失礼を承知で言わせてもらえば)

浦川と言う山奥の片田舎に、すばらしい文化が生きていることに感動でした。

一度は見たかった同公演。今回果たせて感謝します。

これだけの公演を実現できるのは、

出演者はもとより多くの関係者・支援者の多大な労力・資金などの提供が

あってこそと想像します。 

楽しく観せていただきありがとうございました。

ヾ(*´∀`*)ノ

帰りには、予約しておいた「五平餅4個」をお土産にして

雨の中家路に着きました。

 

(浦川歌舞伎の巻、おわり)

 

脂肪肝には、一日30分ほどの歩行運動とたっぷりの睡眠が効果的と

NHK・たましてガッテンで放送されていました。

私も健康診断で、脂肪肝ギミと診断されていましたので参考になりました。

食事に注意し、軽い運動と夜更かししない事・・・

守りたいと思います。(できるかなー ん?)

 

それでは、ゴキゲンヨウ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浦川歌舞伎 第三幕 粋な男達 | トップ | 天竜二俣線 輪行の巻 桜木... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。