菊川から、こんにちは

静岡県菊川市からネイチャーフォトを中心にお届けします。
癒し系を目指してます。

草に負けず たくましく育った稲穂

2016-09-19 | 菊川周辺を歩く

(昨日のつづき)

 

桑沢の棚田を歩いてみました。(9/16)

稲穂は実り、稲刈りを待つばかり。

 

 

この光景は、

何十年も前から、そしてこれからも・・・

 

 

明るくなって、梅の木もハッキリと見えてきました。

 

 

棚田の中・上層部、梅の木の周辺あたりから上の部分は

一枚一枚がオーナー制の田んぼです。

田んぼの様子が、下層部の田んぼと明らかに違います。

(?_?)

オーナー制の田は、田植えが終わるとその後はほとんど放置され

除草作業などがされないのだと思います。

人の手で雑草を抜いたり、農薬で雑草を抑えたり・・・。

 

 

でも、草にも負けず、稲穂はたくましく育っているようにもみえます。(↑)

 

 

そんな様子を撮っていると、若者の声が聞こえてきました。(↑)

 

 

そんな田んぼにも、彼岸花が咲いていました。

 

(明日につづく)

 

今日は、JRの”さわやかウォーキング”に初めて参加。

浜松駅からJR東海浜松工場の「車体上げ・載せ作業実演」を見に歩いてきました。

同イベントは、今日で最後・見納めと聞き、外せません。

気になっていた浜松工場見学イベントも、私は初回です。

しかも、最後の開催なのです。

見物客の賑わいは昨日のニュースにもなったようです。

大勢の社員のお迎え、広大な工場、そして空飛ぶ新幹線・・・

いい思い出になりました。

そんな様子も、後日アップします。

 

それでは、ゴキゲンヨウ

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲刈りをまつ棚田 | トップ | 響き合う 彼岸花と稲穂の色 »

コメントを投稿

菊川周辺を歩く」カテゴリの最新記事