エッセイ -日々雑感-

つれづれなるままにひくらしこころにうつりゆくよしなしことをそこはかとなくかきつくればあやしゅうこそものぐるほしけれ

 良き哉老友

2016年11月20日 | 雑感

定期健診のためにK大病院に行った。

 2年前に肺がんの手術をし、最初のうちは毎月検診、だんだん期間が長くなって、今回は4か月ぶりだ。5年で無罪放免らしい。

 1階でCT、2階で採血(写真)をし、4階の呼吸器外来の受付で検査終了を報告して体重と血圧を測る。

                                      

あとは診察を待つだけだからその間に一階食堂で朝食をとる。ここの朝食、サンドイッチ、コーヒー、サラダ、ヨーグルト付きで以前より少し値上がりして500円だが、とにかく安い。コーヒーのお代わりも無料だ。

食事が終わって、4階待合所に戻る。

歳とった人は夫婦づれが多く、みなそれなりに付き添いが必要のようだ。

私は一人で充分なのだが、いつも家内が付いてきてくれる。

 

診察室前の待合に座ると、前に私より少し歳上、80歳くらいの男性二人が談笑していた。

めずらしい組み合わせだ。

一人は体格がよくてしゃれた身なり、もう一人は少し小柄でタレント蛭子氏に似た風貌。

おしゃれな方がなにかと連れに声をかけて注意する。

ずいぶん待たされていると見え、看護師さんに “まだかかりますか?”  “あとどれくらいでしょうか?” などと聞いている。 これへの返答がおもしろい。 “はい、それなりに順序どおりすすんでいます”

 

やがて小柄な方が呼ばれて診察室に入って行った。

お互いどちらからともなく会釈する。すると彼は、我々に “いつから来ているのか”と聞いてきた。 “8時半からです。CTなどありましたからね、” と言うと、 “うわぁ、それは大変だ”。

 “お宅はなんで来ておられるのですか” と聞くと、 “いや、ただの付き添いです”。

しかし、小柄な老人も付き添いが必要とはとうてい思えない。

気の合う友人同士なのだろう。

 

小柄な方が戻って来た。“5分もかからへんかった”と苦笑い、

“それでどうだった?”

“風邪らしい、薬を出してくれるようや”

“そうか、まあよかった”。

 “おさきに” とおしゃれな方がにこっと一礼して、二人で帰っていった。

 

それを見ながら家内が云った。「あなたとTさんもまさにあの関係ね」

Tとは同じ産院で生まれ、それ以来の友達だ。

 

 結果良好、心配した肝臓も今のところなんとかセーフ。酒飲みの私にはこれが何より嬉しい。

帰り道、秋の陽光に照らされた並木がきれいだった。

                     

帰ったら、Tから家でとれたという“ゆず”が門の中にほり込まれていた。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〝戦友″真下飛泉とフォレスタ | トップ |  西本願寺、永代供養、イチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。