エッセイ -日々雑感-

つれづれなるままにひくらしこころにうつりゆくよしなしことをそこはかとなくかきつくればあやしゅうこそものぐるほしけれ

タラの芽

2017年04月19日 | 雑感

                                                                  2017年4月19日

 京都市内のサクラもほぼ散ったいま、我が家の庭のタラの芽が伸び出した。

               

昔よく山菜とりに行った。ふき、ゼンマイ、わらび、こごみなど。

相棒は亡くなったYだった。

私は特に山菜がうまいという感覚はなく、実際のところ、彼の遊びに付き合って京都の北山山中を回る楽しさだけを味わっていただけだ。 

 

ところで我が家の庭にもたった一つ山菜がある、それはタラの芽だ。私の大学の恩師宅からもらってきた木だが、毎年立派な芽をつける。恩師の庭になんでか知らないうちに生えてきたらしい。

 

田舎に行けばタラの木は珍しくもなんともないのかもしれないが、Yと野山を歩いてもタラの木ほとんど見なかった。だから、私にはタラの芽は貴重だという意識がある。

 

それが、のんびり今我が家で、天ぷらにしてくれ、と芽をのばしている。

 

あと少し、1日たてば、Tに届けよう。Tは小学校から、Yは高校からの仲間だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 粗大ゴミ処理にはまる(2)... | トップ |  携帯電話を持たない  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。