旅行とクリスマスマルクト

旅行記とドイツのクリスマスマーケット、グルメについて書きたいと思います(*^_^*)

シントラ9日目「レガレイラ宮殿」を散策&ブランチ 👡靴トラブルも発生❗️

2016-11-27 09:05:37 | ポルトガル/シントラ
本日は、シントラを観光できる最後の日。明日、ポルトへ移動します。
リスボンへ行くチョイスもあったけど、まだ行っていなかったシントラのレガレイラ宮殿へ。
レガレイラ宮殿は、王族の別荘だったものを、後にブラジルの富豪が買い取り、改築したとのこと。


レガレイラ宮殿は、我々のホテルからローレンスホテルの横を通ってすぐ。しかし、チケットを売っているエントランスまでは、けっこうありました。しかも、坂道で大変

ローレンスホテルのレストランが通りに面しており、人が立ってお客の呼び込みをしていた。歴史のあるホテルなのでそういうことはしないと思ったけど、背に腹はかえられないということか…

🎫チケット売り場は、多少並んでいました。6ユーロ💶(ガイドツアーもあるようで、プラス4ユーロ💶 )。
シントラまで送迎してくれたドライバーによれば、「レガレイラ宮殿は庭が良い」とのことだったので、我々はとりあえず庭を散策🚶

“イニシエーションの井戸”は入り口がいくつ化あり、一番下、中ほど、最上階とそれぞれ到着位置が異なる。井戸を取り囲むように螺旋階段になっているので、そこを昇って上まで行くこともできる。しかし、かなり狭い階段だし、地面との高さもあるので、けっこう怖いです😣




この宮殿のガーデンでは、至るところに“見晴らし台”があり、上からの眺めを楽しめます。




⛪️教会もあります。










王族の別荘ということで、個人の邸宅を想像していたけど、とんでもない❗️宮殿そのもの。とにかく敷地が広大で、庭の広さは驚くほど😦
紫陽花がたくさん咲いている場所やテニスコートもあり、迷子になりそうなお庭です😎


☕️庭園内には、カフェもあります。15時ごろ、お腹がすいたので、行ってみました。
中にも席はあるけど、テラス席のほうが多そうです。自由に着席。
ちょうどまたポルトガルのランチタイムに重なってしまい、人が立ったばかりのまだ片付けられていない席に座りました。


メニューがテーブルの上に置いてあったので見てみると、食事以外に、アイス等のカフェメニューもあり。


二人で白ワインのグラス(3ユーロ💶×2)、私はサラダ デ ポルボ(タコサラダ)8ユーロ💶を選択🐙
タコサラダは、想像と全く違い、四角い形で、下にジャガイモが敷きつめてあり、その上にかなりしっかりマリネされたタコ🐙、ルッコラ、オニオン、赤ピーマン、中国パセリを合わせたものがのせられていた。おいもが美味しかった蛸もよいが、少しビネガーがききすぎかな?


連れは、普通のサンドイッチ(生ハム、モッツァレラチーズ、焼きナスなどがサンドされていた。焼きナスがとろっとしていて美味😄)に、ギザギザカットの厚地ポテチ付き(8ユーロ💶)。
あえて、私とは違うメニューを選択したそうですが、「ポルトガルらしい蛸サラダにすればよかった」と後悔中


カフェは次第に空き始め、我々が来た時よりは、ぼつぼつ空席がある。ただ、やっぱりカフェメニューもあるため、食事メインの店よりは、常に人が多いですね👥👥

食事後、パレスの内部を見学🏰
3階は行けない模様。人がいたけど、ツアーのみかな?




宮殿内部は、広大な庭園に比べたら小さめですが、バルコニーからの眺めが素晴らしい。ムーアの城跡、ペーナ宮の時計塔がのぞめます😌






バルコニーからの眺めを堪能した後、再び外へ。少し歩いていたら、トラブル発生❗️
なんと、私の靴が崩壊😵 ベルトが切れてしまった👡(~_~;) ほとんど見終わった後で良かった…2つベルトがあるうちの一つが切れ、上側のベルトでかろうじてとまっている状態。ゆっくり歩いて、ホテルへ戻りました

うーむ😕それにしても、旅行中の靴トラブルが多いなあ。今までも何度かありました。やっぱり靴を酷使するせいでしょうか。ポルトガルに関しては、坂道や石畳が多いしなぁ…

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シントラ8日目「リスボンのバ... | トップ | 資生堂パーラーのデコレーシ... »
最近の画像もっと見る

ポルトガル/シントラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。