旅行とクリスマスマルクト

旅行記とドイツのクリスマスマーケット、グルメについて書きたいと思います(*^_^*)

プラハ8日目 ワインバー“Vinograf”で美味しいランチ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

2017-05-26 09:06:48 | 2016ー2017年チェコ(プラハ)のクリスマスマーケット
はじめに、おととい休みだったブルーオニオンの直営店へ。✳️関連記事✳️
今日からやっているはずなのに、閉まっている😤なんか張り紙がしてあるけど、現地語で読めない。
後で再度行ってみたら、英語の張り紙が増えていて、「エリクトリック トラブル💡」とのこと。大がかりな工事をやっていました。

そのままヴァーツラフ広場のクリスマスマーケットに寄って、ハーブ🌿のきいた蜂蜜酒を一杯。




今日はこの後、昨日見つけることができなかったワインBAR“Vinograf”を探しに行ってみます😤

昨夜は、チェコワインを飲めるワインバーへ行ってみようということで、“ シェンク・ブルボェツsenkvrbovec ”と“ヴィノグラフ”へ行ってみました。シェンクの方は、1/6まで休みとのこと。やっぱり地元民相手のようです。
一方、ヴィノグラフの方は、見つけることができず😭やっぱり、夜暗いと、よく知らない土地では厳しいです🌃
ということで、明るいうちに、探してみます❗️

何とか発見😆
折角だから、入ってみよう。勝手に座っていいらしい。ほとんどの人が勝手に好きな席に座っている。


ワインは、店員さんとのやりとりで、チェコワインの白を頼んでみた。
食事のメニューは、店員さんが、iPadみたいな端末で渡してくれた。

私は、「スローリー ローストビーフ🐄」をオーダー。
これが大正解(≧∇≦)🎊
連れも、「ローストビーフにすればよかった」って言っていました


連れは、桁違い(と言っても380コルナ)の「シーバス🐟」。
チェコはやっぱりお肉の国だから、肉料理の方が安く美味しく、質の高いものをいただける気がする。


デザートに、フランスの「フレッシュ ゴート チーズ」をオーダー🐐
これが本当に素晴らしく、こんなに美味しいシェーブルがあるのか😧というくらい。
シェーブルはヤギの乳で作ったチーズで、強いクセが感じられるものも多く、なかなか美味しいシェーブルに出会えていなかった。


シェーブルに合わせて、ガラスの容器に入ったピンク色のワインをすすめられた。なんでも、貴重なワインとのこと(細かい説明は忘れてしまった😓)。
ガラス瓶から硝子のスポイトで吸い上げて、グラスに注ぎ、試飲させてくれた。にごりのような果実感のある甘いワインで、シェーブルとも合いそうだったので、いただいた写真左から二番目のワイン💖


ヴィノグラフは、ワインから食事まで全てGOOD👍ただし、値段は高め。チップ込みで1500コルナ(7500円)。チェコで払った最高額😎

一旦、ホテルへ戻ります。帰り道、また検札に遭遇❗️❗️
実は、昨夜、シェンクやヴィノグラフをまわっていたときも遭遇しました。我々は何も聞かれなかったけど、他の人は切符を機械でチェックされていました🎫
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RF1ガストロノミーでロースト... | トップ | 資生堂パーラーのショートケ... »
最近の画像もっと見る

2016ー2017年チェコ(プラハ)のクリスマスマーケット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。