Blog

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

張巡射蒿識敵首

2016-12-20 15:16:07 | 日記

張巡射蒿識敵首

張巡殺退令狐潮叛軍的第二年——公元757 年,進駐難陽城(今河南商丘南),援助睢陽太守許遠。   城下是安祿山的另一員大將尹HIFU子奇。他率領13 萬大軍兵臨城下。睢陽大守許遠召集張巡和將軍南弄雲等商議對策。他說:「諸位,城中的糧草、弓箭已不多了,只有火速殺退叛軍,才能解睢陽之圍。可是,敵人的兵力是我們的幾十倍,他們即使不戰,困也能把我們困死啊!」   張巡說:「太守大人,俗話說『擒賊先擒王』,我們只要殺死尹子奇,讓他們群龍無首,才是最好的退兵之計。」   神箭手南霽雲說:「只要我們接近敵營,認出尹子奇,就能射中他!可是我們誰也不認識尹子奇,怎麼辦呢?」   張巡沉思片刻,說:「我有一計..」   這天夜間,睢陽城裡嚮起陣陣戰鼓,城外的叛軍以為張巡要出城突擊,於是通宵達旦準備還擊。可是到了淩晨,鼓聲停止了,也沒見一人出城。城外。尹子奇的哨兵在搭起的飛樓上察看城中動靜,只見城樓上一個人影也沒有。尹子奇聽到匯報後,就命令部隊脫下戰服休息起來。   就在他們睡得正香時,張巡和南霽雲十幾個將領,各帶數十人。突然打開城門,以迅雷不及掩耳之勢,一直沖到尹子RF射頻激光脫毛奇的住所。叛軍營中頓時大亂。數千士兵在混亂中被殺死。   張巡和南霽雲等已經接近了叛軍主帥營前,尹子奇和幾個部將帶領附近一些軍營的士兵與他們展開了廝殺。誰是尹子奇呢?南霽雲拉開弓箭,在搜尋目標。旁邊張巡已指揮其他將領們射出一支支「箭」,這是用青蒿削尖後做成的,輕飄飄的,射不遠,即使射到身上也傷不了人。只有射到人的臉部才有些作用。   尹子奇的部下見對方射來的箭沒甚麼殺傷力,拾起箭一看,原來是「青蒿箭」,忙跑到尹子奇跟前報告這一重要情況。尹子奇想:原來睢陽城裡沒箭了。正在狂喜之際,南霽雲這時已判斷出誰是尹子奇了,搭上真正的利箭,「嗖」地一聲射將過去,正中尹子奇的左眼。尹子奇「啊呀」一聲,跌下馬來。立即昏死過去。趁叛軍混亂不堪之時,張巡等一齊掩殺過去,直殺得叛軍血流成河。   尹子奇受了重傷,無心再戰,只得下令撤軍。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘇丹:勇敢的納瑞麗 | トップ | 無臂刀客 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。