アルテカはただ高価なだけでは無い。野村紘一社長と野村充宏氏。

アルテカはただ高価なだけでは無い。野村紘一社長と野村充宏氏について。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

土地活用をお考えの方はアルテカまで

2013-12-21 14:40:13 | 日記
アルテカ、野村紘一社長は売買だけでなく、土地活用についても相談に乗ってくれます。

一口に「土地活用」と言っても、さまざまな種類があります。
それぞれ収益性も違い、リスクも異なります。
したがって、短期間のうちに多額の現金を得たい場合と、長期的に安定的な収入を得たい場合では採るべき活用方法は当然変わります。アルテカ、野村紘一社長は「高級付加価値」を早くから見出し、「億ション」をプロデュースしました。土地も活用方法によっては、多額の借入を起こす必要があるものもありますが、それに耐えうる財産状況でなければ採るべきではありません。

また、それぞれの活用方法には、土地の立地条件や周辺環境によって「向き不向き」もあります。
現在の財産状況(土地以外も含む)から今、対応すべき課題を明確化し、同時に、活用する土地の特徴を見極めた上で、最適な活用方法を選択することが大切です。だから相談する人、会社も大切になってくるのです。
そこで、是非株式会社アルテカ評判の、野村紘一社長をオススメしたいと思います。

現在は「土地神話」が崩壊し、土地の資産性が下がっています。
逆に保有していても値段が下がり続ける可能性もあります。
一方で、土地を持っていることだけで発生する「負担」もあります。
固定資産税や都市計画税、将来的には相続税の可能性もあります。
土地は「持っている」だけでは資産とはなりません。むしろ負担となる可能性すらあります。
活用が難しいと思えば、売却して現金化し、その現金の使途をあらためて検討する姿勢も必要になります。
その意味で、「売却」も立派な活用法の一つです。

株式会社アルテカ評判の、野村紘一社長、野村充宏氏に相談できれば無事に解決するかもしれません!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルテカのトレンドデザイン設計

2013-06-10 17:04:38 | 日記
今回は、アルテカのトレンドデザインについてお話したいと思います。
アルテカは、億ションなどを都内に数多く生み出すなどの事業展開を行い、信頼と実績、そして時には日本初の億ションを建てるなど革新的な事さえもしている不動産会社として知られています。

アルテカでは、トレンドデザインを意識した設計を行っており、特に時代の最先端を行くかのようなトレンドデザインを行っていくのが売りとされています。東京の表参道など、他には類を見ないかのような、海外一流ブランドにも負ける事が出来ないほどの商業ビル。こうした建物の設計をも、アルテカが担当して設計を行っているのです。

そもそもアルテカと言えば、初めて億ションというものを世の中に送り出した場所として知られています。表参道などにガラス張りのビルを建てるのが、アルテカの最先端の動きになりますが、億ションは、設計から工事管理までの建築関連の複合事業が行われており、今まで生き残ってきたトレンドデザインの設計力は、アルテカの中でも大きな存在を持つのです。

そんなアルテカのトレンドデザイン設計ですが、やはりトータル的な動きをしているのが特徴。不動産総合企画や、開発、仕入れ、そして、マネジメントから、建築設計デザイン、規格、意匠、内装から、構造の管理、そしてもちろんながら、建築工事の一般や、施工管理なども行っています。

設計だけではなく、芸能から、店舗企画、エンターテイメントや、ハウスキーピングといった事柄までを担当しているのもアルテカの特徴なんですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルテカのインテリアデザイン

2013-06-03 15:39:48 | 日記
今回は、アルテカの建築デザインについてお話したいと思います。
アルテカは、億ションなどを都内に数多く生み出すなどの事業展開を行い、信頼と実績、そして時には日本初の億ションを建てるなど革新的な事さえもしている不動産会社として知られています。

不動産売買なども行っているこのアルテカなのですが、不動産の運用やマンションの建設だけではなく、建築工事から、更にはインテリアの事業、そしてリフォームや内装工事にまでその展開を広めており、アルテカは真の意味でのマンションのトータルコーディネートを行ってくれるのです。

アルテカには、数多くの部署がありますが、インテリア事業部門と呼ばれる部門があります。アルテカのインテリア事業部分の活動は、より高い次元においての専門的かつ、特別なノウハウをベースに行い、空間に対して、新しい価値観を作りだすかのような、そんなインテリアを、デザインからトータルコーディネートしてくれるのです。

アルテカの億ションという洗練されたマンションの品質も、やはりインテリアから内装まであってこそ生み出される価値なのではないでしょうか。インテリアデザインにまで力を入れる事によって、アルテカの生み出すマンションが、ただ高価なだけでは無い、という事を私達に理解させてくれますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルテカの建築デザイン

2013-05-27 11:45:45 | 日記
今回は、アルテカの建築デザインについてお話したいと思います。

アルテカでは建築についても力を注いでおり、その技術やデザインを、より最先端へと向かわせるための、様々な試行錯誤が行われています。東京の表参道など、様々なショップが入居している商業ビルは、アルテカプラザ原宿と言われており、ここは海外の一流ブランドの建物が大きく立ち並ぶ中、アルテカの建築デザインは大きな存在感を放つものとなっています。

アルテカの建築デザインは、他社に先駆け、億ションなどを世に送り出した時から始まっています。表参道などを中心にして、ガラス張りのビルが表参道に増え出したのも、アルテカの建物の影響があったからであると言われているほどなのです。それ以来、アルテカは、常に最先端を走り続けるトレンドリーダーとして活躍します。

アルテカの建築は、設計、そして工事監理等といったものの幾つものキャリアによって構成されています。

街のトレンドを塗り替えてしまう事ができるほどのデザインや提案力、建築デザイナーによって、アルテカでは非常に注目度の高い建設をしており、これは大きな存在感を放っている、アルテカならではのこだわりのようです。

これからもアルテカブランドの、トレンドを意識した建築デザインに期待したいですね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月マンション発売は微減も好調持続

2013-05-20 13:50:06 | 日記
今回は、住宅に関して興味深いニュース記事を見つけたので、取り上げてみたいと思います。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■4月マンション発売は微減も好調持続
民間の不動産経済研究所が20日に発表したマンション市場動向によると、4月の首都圏マンション発売戸数は4093戸で、前年比で2.8%減となった。

大型物件が集中した前年に比べて微減にとどまっており、足元の株高・円安や住宅ローン金利の先高懸念なども、好調さを持続している背景とみられている。

4月の発売戸数は前年比で減少したが、12年4月は大型物件の発売が相次ぎ前年比で81.7%の大幅増となった反動が出た。また、今年4月の契約率は78.2%と好不調の分かれ目とされる70%を3ヶ月連続で上回っており、同研究所では「全体として好調さを維持している」とみている。この結果、マンション販売在庫数も4206戸となり、前月に比べて121戸減少した。

株高・円安の進行を受け、いわゆる『億ション』など高額物件の売れ行きが好調。価格の高い都区部の供給がやや増えたことから、1戸当たりの価格は4728万円となり、前年比7.1%上昇した。

また、最近の長期金利上昇に伴う住宅ローン金利の先高懸念も早めのマンション購入を促している可能性がある。同研究所では住宅購入に際し「住宅ローン金利の上昇の方が、消費増税よりもはるかにインパクトは大きい」としており、こうした市場環境を含めてマンション販売は好調さを持続する見通しだ。5月の発売は4000戸を見込んでいる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

やはりマンションが売れている原因の一つとして、住宅ローン金利の先高懸念が大きいのですね。
増税する前の今のうちにマンションを購入しておこうと考える人が増えているようです。
この機会にマンション購入を考えている人は、アルテカのHPもご覧になってみてはいかがでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加