Chris's monologue

二匹+ONE?のクマンズとChris(謎の生命体)の怠惰な生活

土方歳三最期の地、そしてさよならベイエリア

2017-04-21 09:35:04 | 旅ぃ~ゆけ~ばぁ
【北の大地への旅路 Part. 24】




くまごろ=チャイロ系(以下チャ)「ここはなにがなんでも来ようと思ってました」

Chris=クロネコ(以下C)「クマルさんも?」

クマル=シロクマ(以下もクマル)「クマルは先にベイエリアで降ろしてもらったから これからお買い物タイムよん



チャ「ということで若松緑地というところです」



C「五稜郭の近くじゃないんだ?」




C「へえ、若松町って函館駅も含まれたエリアなのな」



チャ「これ、本物ですか?」



チャ「この写真、板橋(住所は北区だけど)の近藤勇の墓に持ってってあげようかなぁ 写真額に入れて



チャ「板橋と函館じゃあ、離れすぎだもんね

C「恋人かよ

チャ「このあと、天気もいいのでサチコのラーメン屋を撮影して、を返しにいきました」



チャ「途中、なんかヘンなヒトがいたけど、車内から写真撮ってスルーしました」



チャ「を返してベイエリアに向けしばらく歩くと ハァ~、飲み比べしたかったな



チャ「もう運転しなくていいから、とりあえずここで飲んでみたけど



チャ「もう少し先へ行くと、あのおっきなクマさんがいた明治館。忘却のサチコ編でも話したけど、ここ、大陸系のヒトたちのバスの発着所になっていて、この前は外観の写真をなかなか撮れなかったんだよね



チャ「とかって写してるうちに、またゾロゾロ降りてきた!



チャ「ソッコーで逃げて金森レンガ倉庫 この先にある西波止場でクマルさん絶賛お買い物中」

C「なにをそんなに買ってんの?」

クマル「昆布

C「昆布? 嗚呼、そういえば昆布のオブジェの写真があったなぁ

クマル「クマルのお弟子さんの塾長さまは、またの顔がさすらいの料理人。だからイイお出汁をとるにはイイ昆布が必要だと思って、わざわざ買いに来てさしあげたんだから こんどなんかつくって持ってきてケロ



チャ「考えてみたら、ぼく、おっきなスーツケースがらがら引きずって、ここまで迎えにくる必要なかったんだよね 函館駅付近で待っとけばよかったんだよね



チャ「ま、いっか、函館港にお別れできたし

クマル「とかなんとかやってるうちに、あっという間に昼な なんかおいしそう杉るもの食べに連れてきなさい あ、ただしもうナマ物はいいや あとも却下 その条件でおいしそう杉るものな

C「すごい条件だな 函館だぞそこ んなもんあるのか?」

チャ「あるよ あそこ行こう

C「おまえ、生まれはどこだ?



少年: くんくんとくまごろの大冒険
amazon.co.jp↑↑↑
あいば くりす



#読書 #本が好き #ブックツリー #おすすめ本 #おすすめ小説 #読書好きと繋がりたい↑↑↑



にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へにほんブログ村
『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 函館朝市 | トップ | 津軽屋食堂 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む