Chris's monologue

二匹+ONE?のクマンズとChris(謎の生命体)の怠惰な生活

はしご@谷中

2009-11-06 08:16:36 | ざ・らーめん

谷中銀座の“はしご”にやってまいりました。
板橋の“破天荒”で、辛い系ラーメン解禁となったぼくとしては、辛いラーメンの研究をしなければならない。
さっそくメニューを見てみましょう。

いちばん最初に書かれてあるやつ(左上)を注文することにしました。
文字が小さいので説明します。
*だんだんめん
 香り豊かなごまだれ、上品な辛さの紅油(ほんゆ)
 こく深いスープが自慢の当店オリジナルだんだんめ
 ん。サービスのご飯がとても良く合う。――800円

「だんだんめん」とは坦々麺のもじりで、なぜそうなるかは、

場所がこの近くだからです。
「夕やけだんだん」をバックに撮影していたら、「夕やけニャンニャン」になってしまいました。

きみ『魔女宅』に出演してた?

ごたくはいいから早く紹介しろよ!


「だんだんめん」です。
見るからに辛そうです。
板橋で学習したことは忘れずに、ライスはサイドに必需品。
では、さっそくいただきま~す!
食べたらやっぱり辛かったです。
でも、辛さの奥に複雑な味が隠れています。
痺れるような辛さ。
隠し味に柚子が効いているのが上品さをだしています。
これはオトナの辛さですね。
渋い辛さと表現したほうがいいのかな。
どちらかといったら、お腹の弱いぼくだけど、

みごと完食!

はしご
東京都台東区谷中3-9-15
03-3828-1931
11:30~23:00、日祝11:30~21:00
月休


もちろん店を出る頃には、超汗みどろ星人。
でも大丈夫。

谷中の風に吹かれながらお散歩すれば、汗なんてすぐ引いちゃう。
気分は文豪。
根津、谷中、千駄木を歩けば、気分は森鴎外や夏目漱石になれるのが不思議。
そして最近は、めっきり涼しくなったので、ついつい足が、

このような飲み屋小路に誘います。
けど、ぼくは辛い系ラーメン研究家。
日夜、ラーメンの研究に切磋琢磨せなば。
ということで、本日のオマケのラーメンは、

セブンイレブン限定、蒙古タンメン 中本。

“中本”は板橋の名店らしいです。

では、その名店の味をば…………辛ッ!

やっぱ辛いラーメン苦手ですぅぅぅ。

無理して研究しなくていいからね。お腹弱いんだから。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クマルのあさめし | トップ | Los Angeles California »
最近の画像もっと見る

あわせて読む