Chris's monologue

二匹+ONE?のクマンズとChris(謎の生命体)の怠惰な生活

「優作でNight」 with 魂心一滴

2016-10-15 10:57:36 | くまんず的感想文のようなもの






ヨコハマBJブルース [DVD]
amazon.co.jp↑↑↑
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


探偵物語 角川映画 THE BEST [DVD]
amazon.co.jp↑↑↑
KADOKAWA / 角川書店


ア・ホーマンス [DVD]
amazon.co.jp↑↑↑
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


こう並べられただけで、わかるヒトはわかると思うけど、この役者さん、なにひとつとして同じことをしたくなかったんだろうね? 当時『ア・ホーマンス』観たときは、どうしてこんなもん撮っちゃったんだろう(本人が監督しています)と、首をかしげたもんだけど、いまになってわかる。このヒト、ほんとに映画が好きなのね、ってことが

最も危険な遊戯(予告編)


最も危険な遊戯 [DVD]
amazon.co.jp↑↑↑
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


殺人遊戯(予告編)


殺人遊戯 [DVD]
amazon.co.jp↑↑↑
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


処刑遊戯(予告編)


処刑遊戯 [DVD]
amazon.co.jp↑↑↑
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)


最初の2本は、キャラ的に工藤ちゃん(TV版『探偵物語』)とかぶる部分がある。けれども内容は、最も…が『タクシー・ドライバー』、殺人…が『用心棒』と、名作を下敷きにしてるよね。で、最後の処刑…がいちばん鳴海昌平を端的に表していると思う。だって鳴海昌平と工藤ちゃんはやっぱいっしょにするべきではないと、本人も気づいたんじゃない。なぜかというと、最も…と殺人…は1978年に上映されているけど、工藤俊作役の探偵…は処刑と同年の'79年だから

ヲタク キモッ

や、ていうか、なんでわたしが全部説明してんの? 観たチャイロちゃんがひと言も発言しないって、それおかしいだろ

最も…に柴田恭兵がセリフもない端役で出演してました TVドラマ『大都会 PARTⅡ』ではセリフつきのゲスト出演してたのに(松田優作と共演してます)

だから、そーゆーディープなヲタクネタとかいいから

てことは、危デカで共演してる舘ひろしのほうが当時人気があったってことだな、クールスだし 『暴力教室』で殴り合いの喧嘩してるもん

暴力教室(予告編)


あんたたちふたりともヘンタイだから



にほんブログ村 写真ブログ 面白写真へ
にほんブログ村
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万能だし(上級者編) | トップ | 『ブラックホーク・ダウン』 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む