てんやわんや アメリカ 犬育て

飼育放棄された「ゴールデンレトリバーのチャーリー」&
保護犬だった「雑種ユキ」との犬バカ日誌でございます♪

かぶれる

2016-10-16 | コネチ日記

え~ 久しぶりの更新になります。
UPしていなかった理由、 そりは…

サボり

面倒くさいのツボに入ったら
なかなか抜け出せなくなるこの頃w

※この期間にメッセージ等下さった方、
ありがとうございました。
返信できてなくてスミマセン。

実を言うと、基本サボりなんですが
「そろそろブログでも書くか~」
と思っていた2週間ほど前、事件が…

かぶれますたアメリカに(--)

いやじっさい広義には
アメリカでかぶれてるんですけど



家の横庭になんですが
数年前に切った木の切り株がありまして、
その周りが草ボーボーだったので
庭仕事のついでにいろいろ引っこ抜いたのが
そもそもの間違いでした。

ポイズンアイビーと言う
ツタウルシの一種がそこに生えていた模様。

ポイズンアイビーはアメリカ全土に広く分布していて
非常に毒性が強いです。
その辺に生えているので、アメリカ人の50%は
なんらかのかぶれ経験があるらしい (旦那は未経験w)

そしてポイズンアイビーにアレルギーな人は
近くを通っただけでもかぶれるそうです。


ポイズンアイビー 3枚葉でツタまたは灌木



この切り株残骸の周りに他の草と混じって生えていた
※現在ポイズンアイビー用除草剤で除草済み



直にワッシワシやったワテクシの場合
かぶれて当然!と言うことみたいです…


北米に分布しているウルシ属の植物
ポイズンオーク ポイズンアイビー ポイズンスマック



で、このポイズンアイビーは
ウルシオールと言う樹脂に触れることによって
皮膚反応が出るのですが、すぐに症状は出ません。

ワテクシの場合、接触2日後ぐらいに
小さい赤い発疹が両腕にできていました。
その時は痛みも痒みもなかったのですが
虫にさされたんかも!と家の中を掃除。
しかしそれらしき虫は発見せず。

そうこうしているうちにポチっとした発疹が
熱をもって痒くなり出し、切り株の件を思い出す(遅ぃ)
以後ポイズンアイビーかぶれの症状一直線。

一週間ほど前がピークだったのですが
猛烈に痒い日々が続きました。
その後痒みを伴ったまま水泡になって最悪

作業の時、手袋をして腕まくりをしていたので
手首から肘までの両腕が見事にかぶれました。


以下閲覧注意。


左:水ぶくれができ始めてかなり痒い状態(一週間前)
右:かさぶたになりかけ(本日)



↑近くで見るともうちょっと酷いです。しかも両腕…
人や動物に感染はしません

最悪の状態の時はまじで両腕ゾンビ状態でした

ステロイド軟膏や抗ヒスタミン剤服用で
痒みもひいてだいぶマシになりましたが
このかぶれには「特効薬が無い」ので厄介です。

いやぁ~しかしまさか
ポイズンアイビーが庭に生えていたとは…
この家に十数年住んでますけど、こんな事は初めて。

チャーリーとユキの事もあるので
以後、めっちゃ気を付けないとね。

おかん ゾンビ脱出がんばって」と言ってくれているハズw



ちゅーこって完治するまで
まだしばらく時間がかかりそうですが
気長にいきたいと思いまふ。


お・わ・し
『海外』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月イチのお楽しみ Bark... | トップ | 秋のおやつ と ナンバー2 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。