チョーさんの独り言

生存の理由・証しをしつこく追及中の団塊世代先頭組の一人のひとり言です。

(2017/07/15)群馬No28童謡のふるさとを訪ねる道

2017-07-16 15:00:10 | 日記・エッセイ・コラム
(2017/07/15)群馬No28童謡のふるさとを訪ねる道を歩いてきました。
30℃以上の酷暑の中、気象庁の梅雨明け宣言無しを恨みながら、健康な汗を500mLペットボトル3本分、流してきました。
本当に、水をこまめに補給しないと熱中症確実な状況でした。

今回は、旧知の仲の、I嬢(山ガール)と、二人連れです。
彼女は、今回の最寄駅の神戸駅の近くが実家だということで、コースガイドを兼ねて、同行してくれました。
積る昔話をたっぷりとだべりながら、時間の経つのがもの凄く早く感じた3時間でした。

「群馬No28童謡のふるさとを訪ねる道」(公式;7.1㎞、一般向けコース)を、3.0hr,8.0kmで歩きました。
起点;花輪(はなわ)駅、終点;旧東村(現みどり市東町)総合運動公園経由神戸(ごうど)駅」
*今回は、わ鉄(わたらせ渓谷鉄道)の時刻表の都合で逆ルートです。
≪経路≫
神戸駅~琴平トンネル~萬年橋~青少年研修センタ~小夜戸石造り五重塔~豊郷神社
~銅街道~祥禅寺~旧花輪小記念館~石原和三郎記念碑~花輪駅


↑ I嬢と桐生駅トロッコ列車前で


↑ I嬢、トロッコ列車内




↑ 神戸駅、神戸駅のボランティア駅長


↑ 琴平トンネル(直進すれば富弘美術館に行ける)




↑ 青少年研修センタ、センタ前の指導票


↑ わたらせ川、対岸の遠景に神戸駅


↑ 小夜戸(さやど)地区の石造り五重塔








↑ 豊郷神社、金精様(自然石)


↑ 銅(あかがね)街道看板、花輪地区の入り口




↑ 石原和三郎生誕地、花輪地区、銅街道宿




↑ 祥禅寺








↑ 旧花輪小記念館、石原和三郎記念碑




↑ 花輪駅、童謡(兎と亀)のモニュメント
  *今回はこのコースの全体案内板を見つけることができなかった






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (2017/7/7~)鶴枝小3年生ー姫... | トップ | (2017/7/21)男の料理教室2017-3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。