プラチナ世代のマラソン旅行

時悠人chosan流処世術

★食は好み

2016-10-31 09:48:26 | 日記・エッセイ・コラム
旅行の楽しみの一つは、その土地の名物を食べること。大都市に出店している名店ではなく、その町で、その土地の味を味わうのが一番だ。

 地方には、ガイドブックに載せないで、一生懸命、ひっそりと味を守っている店が数多い。ふらりと入って、そんな店に出合うと感激する。

 
★第27回諏訪湖マラソン(3/3):番外編
 新そばが出回り始めたからには、食べない手は無いと、長野&松本両市内で、創業江戸と明治の二軒の老舗の暖簾をくぐり、そばの食べ比べをした。 店構えは、いずれも老舗らしい重厚な雰囲......
 テレビの旅行やグルメ番組の威力の凄さに感心させられるが、その影響力が絶大なので、偏ったレポートは罪深い。

 ましてや、下手な芸能人が、「ウマイ」、「ヤバイ」を連発する店は、敬遠する方が賢明だ。

 「食はその人の好み」にもよるものと心得ているので、私はブログに店の名前を載せないことにしている。
ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★マラソン卒業の潮時 | トップ | ★失意 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL