プラチナ世代のマラソン旅行

時悠人chosan流処世術

★2016年大相撲金沢場所

2016-10-16 09:12:48 | スポーツ
 10月15日、「大相撲金沢場所」が、金沢市総合体育館で開催された。

 金沢出身の大鳴戸親方(元大関出島)が、「金沢育ちとして、地元のファンに恩返ししたい」との熱い思いから、先場所優勝した大関・豪栄道と穴水町出身の遠藤による番外取組も加わり、大盛況だったようだ。

 石川県は、過去、横綱2人と大関のほか、多くの力士を輩出しており、現役では、遠藤と輝が活躍している相撲王国の一つだ。

 その母体は、毎年、金沢で開催される高校相撲全国大会で、今年100回目の記念大会を迎えた輝かしい歴史を持っている。

 ついては、子供の頃、自宅近くの東別院境内で開催された大相撲金沢場所を楽しみに待っていた。横綱吉葉山の不知火型の土俵入りの美しさに見とれ、滑稽な仕草の初っ切りに笑い転げ、朗々と歌い上げる相撲甚句の節回しに酔った思い出が蘇る。

 しかし、大型ショッピング・センターの進出により、東別院のある横安江町商店街に昔日の賑わった面影は無くなり、三つの映画館や銭湯、そして、同級生の店も次々に廃業に追い込まれた。

 遊び場だったお寺の境内で行われた勧進相撲の景色が忘れられず、体育館での相撲を観に行く気にならなかった。
ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★平和な生活の喜び | トップ | ★外国人の日本を見る目 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL