プラチナ世代のマラソン旅行

時悠人chosan流処世術

★かすがいとちょうつがい

2017-09-25 09:19:33 | 日記・エッセイ・コラム
 「子はかすがい・孫はちょうつがい」の例えは、鎹と蝶番の役割と自由度を考えると、言いえて妙だ。

 子供は、両親を繋ぎとめて固定するので、鎹。孫は、開け閉め出来る自由度があるので、蝶番にあたる。

 祖父母が、孫を甘やかせるのは、土台が強固なら、責任が軽いからだが、反面、こき使われて疲れる。孫が多い人は、「相手が大変」というが、幸せそうで、笑い顔だ。

 私には、孫が一人。しかも、遠く離れて暮らしているので、自分に残された時間を考えると、来春の来日が待ち遠しい。
★1年ぶりの孫との再会
 オーストラリアの学校休みは、年4回あり、州によって期間が異なる。このSchool Holidayを利用して、9月25日に、娘が孫と二人で帰国する。 一年ぶりの再会に、気持ちの......
コメント
この記事をはてなブックマークに追加