プラチナ世代のマラソン旅行

時悠人chosan流処世術

★17日目の祝日を!

2017-08-12 09:34:45 | 日記・エッセイ・コラム
 昨日の「山の日」に、海や川で死亡する事故が相次いだ。今日12日は、昭和60年にJAL123便が御巣鷹山に墜落し、520名が死亡する大惨事が起きた。

 この世に生を受けた人間が、予期せぬ事故で、夢を奪われる不条理と、一生を平穏に全うする難しさを感じ、何とも痛ましい。

 8月は、6日の広島・9日の長崎に続き、15日には終戦の日を迎える。72年経っても、被災者の悲しみ、苦しみを消し去ることは出来ないし、忘れてはいけない。事故ではなく、国が国民の命を奪った歴史的事件だからだ。

 私の頭の中では、「国民の祝日」は11日のまま、思考停止している。「振替休日」や「国民の休日」制度が導入されて16日になり、祝日の意義すら知らない若者に不安を感じる。

 第一次大戦を記念する「ANZAC DAY」の例に倣って、8月15日を「平和祈念日」にして欲しいと、願うばかりだ。

★国民の祝日の意義
 今日8月11日は、「山の日」。オリンピックと高校野球に重なったうえに、お盆の帰省ラッシュが始まったので、国民の祝日の影は薄い。 7月の「海の日」も然りで、「7月と8月には、祝......
コメント
この記事をはてなブックマークに追加