「女声合唱団風」 かたることばが歌になる風になる

作曲家林光さんの作品を中心に2000年から2016年まで歌ってきた
「女声合唱団風」元団員の気ままな日記

「風」の同窓会

2017年06月10日 | 女声合唱団風
先週土曜日京都で「女声合唱団風」のメンバーが半年ぶりに集まった。
京都御所の真向かいにある「ガーデンパレスホテル」の『ブリランテ』というレストランでランチをする。






先日妹とお琴の会に行って阪急電車の方がアクセスがいいとわかり、今回は天下茶屋から始発の準急1本でゆっくり座って行けたが、途中特急に乗り換えられることが頭になくて、到着時間を先に設定していて乗っているので、早く着きすぎると時間を持て余してしまう。特急待ちを横目で見て最後の10駅ほどは鈍行状態だった。
1時間以上も乗ると流石に疲れて烏丸駅の2つ前「桂」でやっと特急に乗り換えた。

地下鉄烏丸線の「丸太町」には40分ぐらい早く着いたが、ホテルには先輩の憲子さんが来ていたので退屈せずみんなの到着を待つことができた。
大森先生は杖をついてゆっくりの歩調でお元気なご様子で現れた。
軽めのランチのあと、真向かいの御所の玉砂利の境内を通り抜けて数分のところにある「鴨沂会館(おうきかいかん)」という場所でソングの練習をする。





「鴨沂会館」は京都府立高等女学校の同窓会「鴨沂会」のための建物で、明治20年(1887年)に設立されたようだ。

様々な公益活動に取り組んでいるそうで、ホールを借りることができる。




この日、ソングの「三十五億年のサーカス」(谷川俊太郎詩)「ディンディリディン」(ルネッサンス古謡)「祖母の子守歌」(江間章子詩・世田谷歌の広場)
まどみちおの詩によるソング「おじいちゃんの顔」「うたをうたうとき」「はっぱのすじ」「ぱぴぷぺぽっつん」「ハコベのはな」「へんてこりんのうた」「おほしさま」

「へんてこりんのうた」
へんてこりんがないている
わらいながらないている
※へんてこりんの
へんちきりんの
みょうちきりん
どこかでないている

へんてこりんがはしってる
とまったままではしってる
※ 繰り返し

へんてこりんがうたってる
だまったままでうたってる
※繰り返し


『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小豆島を訪れて その六 | トップ | 「風」のホームページのこと »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
3度めお邪魔します。 (相愛卒業生くみこ)
2017-07-06 21:24:57
ブログを拝見して、大森先生がお元気そうだったので嬉しかったです。毎年楽しみにしていた風さんのコンサート、聴けなくなってなんだか今年はものたりない春でした。先日、相愛のホームカミングデーに行きました。そこで、風さんのメンバーさんがいる!と思って声をかけた方は人違いでガッカリしました。(笑)
いつもありがとうございます (ヘリテージ)
2017-07-07 00:49:24
くみこ様
いつも読んで下さってありがとうございます。
この日久々に先生のレッスンを受けましたが、長年指摘されている内容で「やっぱりいつもと変わらないね」と半分苦笑しながら、私たちの悪い癖をいつものように嘆くでもなくおっしゃっていました(笑)
それがとても懐かしく思った時間でした。
相愛の「ホームカミングデー」 そんなのがあるんですか?知りませんでした(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。