「女声合唱団風」 かたることばが歌になる風になる

作曲家林光さんの作品を中心に2000年から2016年まで歌ってきた
「女声合唱団風」元団員の気ままな日記

六甲弓削(ゆげ)牧場 その1

2016年12月28日 | 女声合唱団風
私にとって今年の11月末からは、近年にない過密スケジュールだった。

11月最後の日曜に開催された隣町の合唱祭を終え、その2日後は大阪梅田で打ち上げ会。
12月2日に「女声合唱団風」メンバーと先生とで、神戸六甲の「弓削牧場」へ遊びにいった。
その4日後には北ドイツへ出発。
バタバタとイベントは済んだという感じ。

帰国後息つくことなく旅行記を書き終えた。
間を置いたらきっとあの時の感動は書けないだろうと思い、まだあったかい間にと思っての作業だった。


さて、六甲の弓削牧場は以前、関西のテレビ番組で取り上げられていて名前は知っていた。

この日、神戸三ノ宮から北神電鉄に乗って谷上駅でみんなと待ち合わせ。

最初は弓削牧場のあるところまで無謀にも歩きでという話だったそうだが、徒歩で40分かかるというのはかなりきつい。弓削牧場の入り口から建物のあるところまでの道はゆるやかな坂道が続いているという。
結局バスに乗ることを選択。
約15分ほど住宅街の中の道を揺られて弓削牧場の入り口手前のバス停で下車。
この辺りは新興住宅地といった風情だ。
その住宅街を抜けた山の麓に弓削牧場の看板。


この看板のあるところから、山の中の木々を見ながら、少し息が上がるほどの坂道を5分ほど歩くと、レストランと牧場の建物がある玄関広場に出てくる。














牧場横の木作りの空間で、オーガニック野菜と搾りたての牛乳や、ホエイで作られたスープなどを頂く。
続きはまた後で。
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い立ったが吉日 北ドイツ最... | トップ | 弓削牧場その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。