混声合唱団「コーラス 星の会(北海道千歳市)」

「コーラス 星の会」2016年12月3日の初めての演奏会を無事終えることができました。日々の活動の様子をお知らせします。

2017年5月12日の練習報告

2017-05-15 10:22:28 | 昨日の星の会

5月12日の練習会場は、

いつもの文化センター多目的室でした。

GWの先週お休みだったため、

ちょっと懐かしい感じがしました。

 

練習開始時刻になって集まっているのは、

アルトパートばかり!!

「にゅーふぇいす」Nさんもアルトパート希望

ということで、

先にこっそりとアルトのパート練習を…。

「Sanctus Benedictus ~白鳥」の

読み方確認をしました。

 

ボイストレーナーのA嬢がおやすみだったので、

ざざっと発声練習もどきを済ませて、

練習に入りました。

身体と声と声帯のメンテナンスを考えると

発声練習を念入りにやった方がいいんですが…

声を合わせて合唱する時間をできるだけ長くしたい…

との思いもあり、難しいところです。

 

まずは「白鳥」…のはずが…(*_*;

湖に美しく浮かぶ「白鳥」のはずが…(*_*;

水溜りでばちゃばちゃやってるアヒル??

になってしまいました。

一週間のブランクは大きい??

それだけでなく、

4月中は「わたもの」に集中していて、

「白鳥」はちょっとお預けになってましたから、

その後遺症かも??

それでも、2回ほど歌ううちに

なんとか音程は持ち直し、

白鳥の骨格標本に近づいた感じになりました。

でも、優雅に水面を進む白鳥、への道は、

まだまだ遠く厳しい感じです。

 

そして「わたもの」。

なんとか落伍パートなく通せるようになったものの、

まだまだその場しのぎ…

後先考えず楽譜にある音を出している感じ…です。

「いちばん大切にしたいもの」感が

出せるようになるには、まだまだな感じです。

 

そして「Do You Heare ~」

ユニゾンが多いので、歌うのは簡単なようですが、

なにせ歌詞が・・・。

という私も

「ラララ~」とか「ムムム~」と

ごまかしてしまう箇所があります。

 

日本語で歌った方が聞いている人に伝わりやすいのでは??

というご意見もあるのですが、

正直なところ、

日本語だったら

聞いている人に意味が分かるように歌えるのか??

微妙なところです。

高い音域で飛ばし気味に歌うことが要求されるこの曲では、

子音の立て方や母音の口形など

かなり細かく徹底して練習しないと…。

個人的には、

英語で歌った方がカッコよく聞こえる

という逃げを打ちたいと思います。

ズルい大人の発想ですよねぇ(笑)

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年5月「コーラス星の会」... | トップ | 2017年5月19日の練習報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。