園長だより

学園の様子と、園長の日々想うこと、日々の学びを、つれづれに書きしるすブログです

直傳靈氣

2016年10月25日 05時35分15秒 | Weblog
山口忠夫さんの「直傳靈氣」という本を読み始めました。

フランク・アジャパ・ペッターさんの本を読んで、山口忠夫さんのことを知り読み始めました。

臼井甕男先生の弟子の林忠次郎先生より直接、山口さんのお母様が靈氣を学んだ直傳の靈氣を紹介する本です。



直傳の靈氣を伝えることが世界的に広がったレイキ関係者からとても注目を浴びたことが伝わって来る本です。

結核やガン、など難病と言われる当時不治の病と言われた病に、治療効果があったことから広がっていた直傳の靈氣が日本でどのように伝えられていたのかがわかります。

山口さんがフランクさんと出会うまで、家族の中で当たり前に受け継がれていた靈氣が、世界に広がっていた西洋式レイキのもとになるものだと知らなかったと言います。

まだ読み始めですが、数々の難病を治していった靈氣の実際の様子がわかります。

読んでいて思うのは「病は気から」という言葉が真実だと実感します。

生活習慣は勿論のこと、心や魂のあり方がとても大事であることが伝わってきます。

病はそこから逸れていることを教えてくれる、「有り難いサイン」という印象を受けました。

子どもの頃から、家族の中で当たり前だった靈気に触れて育った山口さんの記述にとても興味があります。

わたしの自宅の机の上には、靈気、レイキに関する本が増えていっていますが、それだけワクワクして知りたくなる内容です。

学べば学ぶほど、心と体にエネルギーで満たされていくような感覚があります。

瞑想ヨガの流れから、つながっていくように感じています。

もっともっと学んでいきたいと思います。



最後までお読みいただいて、ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈り | トップ | 西方寺 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む